WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

ホーム > WECO BASE BLOG > α型ケラチン

TAG : α型ケラチン

φ型ケラチン…羽毛ケラチン…フェザーケラチン…

φ型ケラチン…羽毛ケラチン…フェザーケラチン…

今日のランキングは何位かな?→美容室・サロンブログランキング

ケラチン処理剤といえば羊毛由来…人間のケラチンに似てるってことで羊の毛を加水分解したものが多い…

ただ、この加水分解の過程で疎水性から親水性のケラチンへ…つまりダメージしたケラチン水溶液に(あくまでイメージ的にね^^;)…

親水性のケラチンは親水化した毛髪に馴染みが良いから使い道が無いわけではないのだけれど…

薬剤などのダメージで親水性に傾いた髪を疎水性にするにはやっぱり疎水性ケラチンが必要…

となると個人的には、一丸さんの疎水性高分子ケラチンシリーズなんかが便利なアイテムだと思う。

低分子だと成和さんのシリル化タイプのプロモイスあたりはデジPや矯正に重宝します。…

でも使うタイミングや施術内容によって向き不向きがあるわけで…いろいろとね^^

そこで、今日はこんなケラチンもありますよ~ってお話です。

冒頭にも書いたφ型ケラチン…羽毛ケラチン…フェザーケラチン…呼び名は何でもいいんだけど^^;

元の羽毛が撥水性ということもあって、分子量750という低分子にまで加水分解しても疎水性…撥水=疎水の定義をご存知の方はスルーして下さい^^;

pH4あたりで酸処理すると、酸縮合して分子量が約32倍の24000位の水難溶性高分子へ…ダメージホール内にしっかり留まり、間充物質として機能する優れもの♪

ケラチンの構造的にはαケラチンとγケラチンの性質を両方を兼ね備えた構造のβシート構造という平面構造…そのためシルクに似た軽い質感…柔軟性…艶感に☆

そんなケラチン…面白そうでしょ♪

WECO BASEではこの羽毛ケラチンを配合した処理剤 Trumpを発売してから約2年…

先代のファイマックスー750を数に入れると3年になりますが…

用途は主にクリープパーマの中間処理…

Trumpは疎水性のφ型低分子ケラチン…γ型高分子ケラチン…ぺリセアを混合したアニオン性ケラチン処理剤です。

次回は…時間があればクリープパーマの工程をアップします!!

ちなみにカチオン性φ型ケラチンはこちらAliceに配合!!好評発売中♪

DPP_0510

興味のある方はこちらから→WECO BASE SHOP 業者様用サイト

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Alice アルキルカチオン羊毛&羽毛ケラチン , Trump マルチヒートケラチン

φ型ケラチン~総集編~

久しぶりにアクセス解析をしたところ…“φ型ケラチン”、“フェザーケラチン”、“羽毛ケラチン”と検索キーワードが急激に増えて先月の約2倍もアクセス数が増加していたので、今日は“φ型ケラチンの総集編”にしてみます。

 

そもそもφ型ケラチンの原料は従来の羊毛や人毛からではなく、水鳥の羽毛を加水分解して得られるケラチンです。

従来のケラチンとの大きな違いはアミノ酸組成が羊毛ケラチンに比べて約1.5倍疎水性アミノ酸を多く含有していること!!

疎水性アミノ酸が多いことで、毛髪を構成している成分との疎水結合が促進して親水化したダメージ毛を健康毛に近い疎水性に導きます。

 

もう一つはα型ケラチンとγ型ケラチンの両方の性質を兼ね備えた構造のβシート構造という平面的な構造であるため、シルク(βシート構造)に似た非常に柔軟性のある分子構造のケラチンです♪

またβシート構造のため吸湿性が低く、湿度による広がりなどを抑制し、羊毛ケラチンにはない“艶感”や“軽さ”といった質感を与えることが出来ます。

 

現在、このφ型ケラチンには未修飾タイプとカチオン化タイプの2タイプがあります。

・未修飾のφ型ケラチンは平均分子量750という低分子なのですが、pH4付近で酸処理すると酸縮合し分子量が750から32倍の約24.000へ高分子化します!!

・カチオン化タイプは未修飾のφ型ケラチンのアミノ基に第4級アンモニウム塩を結合させ、カチオンの電荷を付与したタイプで平均分子量1.000という低分子です。

未修飾タイプの様に酸縮合による高分子化はありませんが、カチオン性を持つことによって特に傷んだ毛髪表面に多く吸着する性質があります。

基本的にどちらも同じく疎水結合を促進し、カラーやパーマの前処理ではコルテックス間のCMCの流出を防ぎ、過酸化水素やブリーチ処理の過酸化によって生成されるシステイン酸の増加を抑制し、S-S結合の減少を防ぎます。

 

最近はよく「どう使用するのが効果的か?」というメールを多く頂くのですが、個人的には…

パーマの中間処理で未修飾タイプの特性を活かして、低分子で浸透後(クリープ処理剤としては最高^^)に酸縮合による高分子化を利用してウェーブ効率アップ♪

扱いやすさ優先でカチオン化タイプ使用でもいいんじゃないでしょうか?

以上、φ型ケラチン~総集編~終了です^^

さらにφ型ケラチンの詳細を知りたい方はファイマックスー750を参照して下さい。

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Alice アルキルカチオン羊毛&羽毛ケラチン , ケミカル

未確認情報求む!!

つい先日のこと、縮毛矯正とカラーリングを定期的に施術するロングヘアーのお客様がご来店しました。

普段はコテでほぼ毎日スタイリングするのが日課です。

たしか前回施術したときに顔周りの毛質がポーラス毛手前、普段のコテの温度のせいかヒートブリスターも起きていている^^;

ということで、コテなどの熱機器を使ってもヒートブリスターの起きにくいスタイリング方法を伝えて…普段のヘアケア方法の一つには“Forest Shampoo”を使って頂く事になりました。

それから約一ヶ月してから今回のご来店…

あれれ?って感じで、顔周りのポーラス気味な部分が髪密度が高くなって若干だけど改善しちゃってるし、ヒートブリスター部分も改善…なぜ???

この時点で僕は“Forest Shampoo”を販売したことを記憶の彼方へ飛ばしてしまっていたわけですが^^;

何か特別なケアをしているか聞いたところ“Forest Shampoo”とハホニコのラメラメ1を一回だけ使っただけだそうです。

さらにお客様からの感想は「コテで巻いたときの巻き髪が落ち難くなった」そうです。

…まぁ、良い結果になった事はいいんですが、巻き髪の娘用(熱機器)に作ったシャンプーではないので耐熱性実験や検証は行ってないので、何でそうなったか考えなければなりません^^;

今のところ考えられることは“Forest Shampoo”が髪を洗いながらα型、γ型、φ型三種類の疎水性ケラチン・コラーゲン・ペリセア・ヘマチン・18MEA・キトサンを補給し、すすぐことでコアセルベート(複合化)しているから…つまり洗えば洗うほど髪密度が高くなる!!

今回は特にφ型ケラチン、ヘマチン、18MEA、キトサンの関与するところが大きいかったのだと思う^^;

ということで、僕もまだまだ未確認なところが多いです^^;

“Forest Shampoo”に限らず“ファイマックスー750”や’Libra Carl 7’を使っていて僕がブログ上に書いていない効果や施術方法を発見したら教えて下さい。このブログから同じ商品を使っているサロン様に紹介していきたいと思います♪

 業者用ショップログインお申し込みフォーム

一般のお客様用オンラインショップ

 

※“Forest Shampoo”をご購入するサロン様は増えてきたのですが、まずは一週間連続して自分の髪で効果を確かめて下さい。

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Forest Shampoo ダメージケアシャンプー
WECO BASEのヘアカタログ
ネット予約ページへ
一般のお客様用オンラインショップ
業者用ショップログインお申し込みフォーム
トップに戻る