WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

ホーム > WECO BASE BLOG > モンキーマジック ~サル×シス~

CATEGORY : モンキーマジック ~サル×シス~

サルファイト+タンニン矯正

いろいろな矯正方法がある中で今回はサルファイトとケブラリンク(タンニン)を使った矯正です。

 

まずはケブラリンク特徴からですが…

ケブラチョタンニン18%

pH8.5(低分子化活性調整済み)

分子量1500

収斂作用・タンニン架橋・消臭作用

 

いわゆるタンニンなのですがポリフェノールの一種で、そもそもポリフェノールがなんだよ?ってことになってくるのですが(笑)

 

亀の甲羅みたいな六角形の構造式ベンゼン環のHが-OHに置き換わったフェノール性水酸基

 

この-OH(水酸基)がたくさんや多価という意味のポリでポリフェノール

 

で、このポリフェノールがどう髪に作用するかというと…イオン結合・疎水結合・水素結合の3つでタンニン架橋が起きます。

 

①ケブラリンクの水酸基の-OHはアルカリ性に傾くとO-とH+にイオン化します。

 

で髪もアルカリ性になるとイオン結合が切れて、酸性のカルボキシル基-COOHと塩基性のアミノ基NH3+に分かれます。

 

ケブラリンクの-Oとアミノ基NH3+が結合してタンニン架橋がおきます。

 

②先ほどフェノール基はベンゼン環に水酸基がくっついたものと書きましたが、毛髪を構成するアミノ酸のなかにもベンゼン環の構造を持ったアミノ酸があります。

 

チロシン、フェニルアラニン、トリプトファンなど、ベンゼン環そのものは本来水に馴染まない疎水性なので

 

同じベンゼン環を持つ疎水性同士が集まり疎水結合によってタンニン架橋します。※正確には疎水性相互作用になります。

 

疎水性相互作用は分かりやすく言うと水の上に浮いた油の粒が放っておくと一つの大きな塊にまとまるようなイメージで…

 

③髪は水に濡れると水素結合が切れます。ケブラリンクのたくさん持っている水酸基も乾くと水素結合をするのですが①や②でタンニン架橋した髪は水素結合する力が増えているので

 

水素結合自体は弱いものですが、ダメージした髪はSS結合などその他架橋要素が減ると水素結合の割合・影響が大きくなります。

 

ダメージ毛の方が寝ぐせ(水素結合)がつきやすいイメージして頂ければと(笑)

 

この①②③のタンニン架橋の要素を矯正に応用しダメージ毛、エイジング毛などSS結合が少ない毛質にSS結合に頼らないタンニン架橋で毛髪強度を上げながらクセを伸ばすことが出来ます。

 

という事で今回は軟毛・細毛・カラー毛で癖は強い

根元はアルカリ還元とタンニンで補強しつつ、毛先は毛髪強度が落ちているので微還元トリートメントしながらタンニン架橋で補強。

軟毛・細毛・癖強の方はアルカリに弱いのですが…だからと言ってpHを中途半端にすると伸びませんし、強すぎれば過軟化でビビリやすくなります。

 

ちなみにタンニンは前述した①②の効果で膨潤しにくくなりますので

 

アルカリ強めでも過軟化しにくく、しっかりと放置時間を置くことが可能です。

 

あと、②の効果で構造にアミノ基を含有する還元剤システインやシステアミンとケブラリンクは非常に相性が良いです♪

 

使用薬剤

 

根元:TGクリーム:THECys:SSSrate:ケブラリンク(サル割) 4:1:5%:3%

毛先:モンキーマジックジェル:SSSrate:ケブラリンク (サル割) 1:5%:5%

 

放置タイムは25分

 

※モンキーマジックジェル(サルファイト4%シス3%)

ケブラリンクを使用する上でのポイントはpH8以上のアルカリでないとタンニン架橋の効きが甘くなります。

またSSSrateなどケラチンPPTと併用することで架橋効果がアップします。

仕上がりはこの通りタンニン架橋によって毛髪強度が上がりハリコシと艶が出ます。

 

スピエラやGMTなどでpHを中性~酸性で施術すればアルカリによる加水分解ダメージはないので毛髪強度を下げない施術として重宝しますが

 

アルカリカラーしている方だとどうしても毛髪強度が落ちていってしまいます。

 

毛髪強度を上げるにはアルカリ側でないと処理剤は効かないため、中性~酸性域での守りの施術も大事ですが

 

アルカリ攻めながら毛髪強度を上げる施術もできると幅が広がって良いかと思います。

 

 

 

Instagram始めました~♪




こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

SSS Rate アニオン性羊毛&羽毛ケラチン , The Cys , ケミカル , モンキーマジック ~サル×シス~ , 縮毛矯正

スルホン化ケラチン~ケレフェクトSD~

既にフェイスブックのWECOグループではご紹介してきました…

け、けっしてこちらのブログの存在を忘れていたわけでは…(笑)

ということで~~~4月に発売予定のSD300のご紹介!!

クローダ社KERATEC IFP-HMWの姉妹品

SD300はKereffect™SDの原料生詰販売になります。

過去にKERATEC Pepという同じくクローダ社の低分子スルホン化ケラチンが長らく廃盤していてこの後継版になります。

たびたびPepの後継版が発売したら取り扱いたいといっていたケラチン原料♪

姉妹品ケラテックとの違いは分子量とケラチン濃度になります。

KERATEC IFP-HMW 分子量30000~60000 スルホン化ケラチン5%

SD300(Kereffect™SD) 平均分子量300 スルホン化ケラチン23%

こんなスペックなのですが、どう使うのか?

それにはまずパーマの平衡反応式から~

下記のパーマの平衡反応式を見ての通り一剤を付けると右に向かって①と②の反応が進みます。

①KSSK+RSH⇄KSH+KSSR

②KSSR+RSH⇄KSH+RSSR

この②の右辺RSSRを増やすと逆反応を起こし左へ反応が進みSS再結合へ向かいます。(バックリアクション)
このときKSSRをたくさん増やすために0.5%ブロムで残留還元剤をRSSRに変換し、さらにイージス(高濃度RSSR)を追加します。

増えたKSSRをさらに増やしてSS再結合率を高めるために外部からKSSRに類似したケラチンSD300で代用します。

下記に反応式の様にSD300と還元剤が反応するとSD300のスルホン酸とケラチンが分離して、SD300のミックスジスルフィドを形成します。

SD300+RSH⇄SD300R+HSo3⁻

ここから下記内容はフェイスブックグループで書いた抜粋になります。不足している情報はグループにて参加閲覧下さい。

もう少し砕いて書くと…

①KSSK+RSH⇄KSH+KSSR

②KSSR+RSH⇄KSH+RSSR

髪のSS結合+還元剤⇄髪の1/2シス⇄髪とくっついた還元剤(ミックスジスルフィド)

髪とくっついた還元剤(ミックスジスルフィド)+還元剤⇄髪の1/2シス+還元剤が2つくっついたジチオジグリコール酸

次にリフォールディングで書いたCMADKの話しを思い出して下さい。

CMADK≒ミックスジスルフィド

それを踏まえた上で

②KSSR+RSH⇄KSH+RSSR

のKSSRここにCMADKを増やすもしくは置き換えるとSS再結合が高くなるという事でした。

ただ、毛髪内部で反応させないと…となると低分子のCMADKもしくはその“ナニカ”で代用します。

その“ナニカ”は先ほど書きましたがSD300です。つまり低分子量のスルホン化ケラチン

CMADKをSD300で代用します。ただSD300をミックスSD300にするにはスルホン酸部分が邪魔なので還元剤に混ぜて使います。

するとこういう反応式になります。

①KSSK+RSH⇄KSH+KSSR

このKSSKの部分をSD300にして

①SD300+RSH⇄SD300R+HSo3⁻

理屈をこねくり回して馬鹿じゃね?と思ったら「」部分だけ見て下さいm(__)m

「SD300のスルホン酸を還元剤で外すだけ(笑)

もっと簡単に言えば還元剤に混ぜるだけ♪」

で、何回か書いていますが↓

S-スルホン化ケラチン誘導体から製造されるタンパク質膜およびタンパク質繊維、ならびにそれらの製造方法

※【0011】~【0017】と【0033】~【0038】辺り参照…

マルチアシッドで調整してスルホン酸を外す方法。

この調整法で中間処理や後処理などに使えます。

ただし、pHを7以下へ調整すると一気にミックスが増えすぎて猿割調整液内のミックスがシスチン化してしまうのでpH6以下は使い切りにして下さいというアナウンスでしたm(__)m

※あ、厳密に言えばこれリフォールディングじゃないです。あくまでリフォールディング操作の応用です。

卵を割ってボウルに入れます。

そこにはまあるくふっくらした卵黄…それを火にに通します。

この変性して固まった卵黄をリフォールディング操作して液状に戻します。

ですが、ふっくらした卵黄に戻るはずがありません。

ましてや髪は複雑な構造のたんぱく質、リバースアクションの延長線上ではあるので、一定の効果は望めますが、髪の構造が戻ったわけで無いです。

髪の構造のほんの一部が戻っただけ。

 

価格は200ml 2800円

 

全成分

水、加水分解ケラチン、フェノキシエタノール、ピロ亜硫酸Na、ソルビン酸K

※原料生詰め販売により、希釈していない証拠のためキャリオーバー成分も記載しています→(フェノキシエタノール、ピロ亜硫酸Na、ソルビン酸K)

 

Instagram始めました~♪




こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Aegis ジチオジグリコール酸ローション , SD300~スルホン化ケラチン~ , SSS Rate アニオン性羊毛&羽毛ケラチン , ケミカル , モンキーマジック ~サル×シス~

ガラス転移

たぶん12年くらい前…もっとまえかな?

縮毛矯正の記事みてて、初めてガラス転移って言葉聞いたときに???

え?毛髪ってガラスウール?なんてね(笑)

ザックリいうと、硬いガラスを熱で溶かして柔らかくなる温度がガラス転移点。

それがねガラスだけじゃなくて、樹脂やゴムとかもそうなの

プラスチックとかガムも暖かいところに置いておくと柔らかくなって、冷たい所で硬く固まるっていうアレ

あ~なるほどな~って納得。

縮毛矯正やパーマの上手な講師の先生方って還元剤の選択もそうだけど、この辺の扱いが丁寧だよね

って、仕事をみててよく思う。

今日は220℃シングルか、180℃ダブルか悩んだけど…

硬毛&乾燥なので180℃ダブルでスパッと♪

根元はTGクリーム(チオ7%)にジェル7(シスアミ5.6%)とジェル7+(チオグリ5.9%)を2:1:1で割ったの

毛先はモンキーマジック(サル4%シス3%)

放置30分

中間はミラーズラメトリコンプにセット面でウルティアミストと五花オイル

 

 

では( ´ ▽ ` )ノ

 

 

Instagram始めました~♪




こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル , モンキーマジック ~サル×シス~ , 縮毛矯正 , Libra Jell 5&7&9 コスメ系矯正剤

モンキーマジック サル×シス ジェルバージョン!!

お待たせしました!!

モンキーマジックのジェルバージョン今日から販売いたします♪

スペックはモンキーマジックローションと同じ

pH8.8

アルカリ4.8

サルファイト4%

システイン3%

です!!

 

こちらモンキーマジックローションは欠品中ですが、4月末に入荷予定ですので少しお待ちくださいm(__)m

※モンキーマジックジェルバージョンのデザインがゴリラってのは内緒w

 

では(´・ω・)ノ

 

 

 

Instagram始めました~♪




こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

モンキーマジック ~サル×シス~

リブラシリーズの目安

最近リブラシリーズの還元力の強さや目安などの質問を多く頂いたのでこんなんどうでしょう?

ミルボンのカラーチャートに合わせた目安です。

カール5…チオ4%ジチオ1%

カール7+…チオグリ5.9%

カール7…シスアミ5.6%

カール9…チオ2%チオグリ2%シスアミ2%

※実際には毛髪のダメージの種類・毛質・浸透時間・還元時間・加温の有無などなどで大きく影響されますので、目安はあっても最終的にはカールテストでチェックしてください。

 

カール5以外はチオ換算7%に合わせてあります。ダメージ毛を対象とした時、2%換算と比べるとアルカリに頼らずともストライクゾーンが広がるためチオ換算7%にしています。

それでも酸チオと中性チオグリはかなりストライクゾーンが狭いです。pH移行還元のプレ還か、薬剤のpH調整用にどうぞ。(チオグリは少量のアルカリでもpHが上がりやすい。)

またチオグリは構造的に浸透しずらいです。逆にじっくり還元には向いてます。

中性シスアミはストライクゾーン広めですが、健康毛だと力不足です。

 

取引先の多くのサロン様は

5プレ還→9

7プレ還→9

が、多いです。

僕はというと…

5プレ還→MM

の流れがお気に入りです。とにかく艶と柔らかさが欲しい時に組み合わせです。

しっかりしたリッジが欲しい時には9とMMを2:1ミックスに置き換えます。

モンキーマジック(MM)…サルファイト4% シス3%

 

では(´・ω・)ノ

Instagram始めました~♪




こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル , モンキーマジック ~サル×シス~ , Libra Carl 5&7&9 コスメ系パーマ液

モンキーマジック ~サル×シス~ 新発売♪

あけましておめでとうございますm(__)m

…って、おそい?

とりあえず今年一発目のブログ(笑)

昨年、牛タンの旨い某所でエテルネルの前田さんに「サルファイト系ないの?」って話になって

そういえば無いな~

じゃ、試しに作ってみようか?って思いサンプル作ってお渡ししたところ良い評価を頂きまして…

ちょこっと最終調整して出来たのがこちら…

“モンキーマジック”

使い方はコレ単品ではちょっとアレなんで…

三重県桑名市「美髪再生美容室」 エテルネル®︎

    

先行して前田さんやGioさんのブログでこのモンキーマジックを使った施術が掲載されています。

もしかしたら講習会でちょこっと、使う場面があるかもしれません。機会があれば是非参加してみてください。

その際、毛髪に合わせての施術になると思いますので、もちろんモンキー無しの時もあるかもしれません。だってモンキーはメインではなくサブですから(笑)

 

モンキースペックは…

pH8.8

アルカリ4.8

サルファイト4%

システイン3%

硬い質感を柔らかくしなやかにするため、サルファイト×システイン以外にササクレヒトヨタケエキス(エルゴチオネイン)・尿素・ピリドキシンHCIを配合して調整しました。

~全成分~

水、亜硫酸MEA、アセチルシステイン、エタノールアミン、ササクレヒトヨタケエキス(エルゴチオネイン)、尿素、ピリドキシンHCI、システイン、炭酸K、ラウレスー25、ノノキシノール-11、ラウリルトリモニウムクロリド、ラウラミドDEA、ラウリン酸PEG-10、EDTA-2Na、リン酸、デキストリン、香料

1000ml 3456円

5+1 17280円

※ちなみにこの商品名は前田さんが「これ使って“モンキーマジック”ってメニュー名決めてんだ!」って言ってたのでパクリました^^;

Instagram始めました~♪




こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

モンキーマジック ~サル×シス~
WECO BASEのヘアカタログ
ネット予約ページへ
ショップリスト
一般のお客様用オンラインショップ
業者用ショップログインお申し込みフォーム
トップに戻る