WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

ホーム > WECO BASE BLOG > 酸縮合

TAG : 酸縮合

φ型ケラチン…羽毛ケラチン…フェザーケラチン…

φ型ケラチン…羽毛ケラチン…フェザーケラチン…

今日のランキングは何位かな?→美容室・サロンブログランキング

ケラチン処理剤といえば羊毛由来…人間のケラチンに似てるってことで羊の毛を加水分解したものが多い…

ただ、この加水分解の過程で疎水性から親水性のケラチンへ…つまりダメージしたケラチン水溶液に(あくまでイメージ的にね^^;)…

親水性のケラチンは親水化した毛髪に馴染みが良いから使い道が無いわけではないのだけれど…

薬剤などのダメージで親水性に傾いた髪を疎水性にするにはやっぱり疎水性ケラチンが必要…

となると個人的には、一丸さんの疎水性高分子ケラチンシリーズなんかが便利なアイテムだと思う。

低分子だと成和さんのシリル化タイプのプロモイスあたりはデジPや矯正に重宝します。…

でも使うタイミングや施術内容によって向き不向きがあるわけで…いろいろとね^^

そこで、今日はこんなケラチンもありますよ~ってお話です。

冒頭にも書いたφ型ケラチン…羽毛ケラチン…フェザーケラチン…呼び名は何でもいいんだけど^^;

元の羽毛が撥水性ということもあって、分子量750という低分子にまで加水分解しても疎水性…撥水=疎水の定義をご存知の方はスルーして下さい^^;

pH4あたりで酸処理すると、酸縮合して分子量が約32倍の24000位の水難溶性高分子へ…ダメージホール内にしっかり留まり、間充物質として機能する優れもの♪

ケラチンの構造的にはαケラチンとγケラチンの性質を両方を兼ね備えた構造のβシート構造という平面構造…そのためシルクに似た軽い質感…柔軟性…艶感に☆

そんなケラチン…面白そうでしょ♪

WECO BASEではこの羽毛ケラチンを配合した処理剤 Trumpを発売してから約2年…

先代のファイマックスー750を数に入れると3年になりますが…

用途は主にクリープパーマの中間処理…

Trumpは疎水性のφ型低分子ケラチン…γ型高分子ケラチン…ぺリセアを混合したアニオン性ケラチン処理剤です。

次回は…時間があればクリープパーマの工程をアップします!!

ちなみにカチオン性φ型ケラチンはこちらAliceに配合!!好評発売中♪

DPP_0510

興味のある方はこちらから→WECO BASE SHOP 業者様用サイト

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Alice アルキルカチオン羊毛&羽毛ケラチン , Trump マルチヒートケラチン

爽やかな香り付き♪羽毛ケラチン処理剤

 酸縮合型の羽毛ケラチン処理剤“Trump”が新しくなりました!!

酸縮合型の羽毛ケラチンは分子量約750の状態から酸リンスなどで、酸処理することで分子量約24.000へ高分子化するφ型ケラチンです。

羽毛ケラチンは本来撥水性が強く、羊毛ケラチンと違い加水分解によって低分子化させても、親水性にならずに疎水性を保つので、親水化したダメージ毛に効果的なケラチンと考えられます。

例えば親水化した毛髪内部のダメージホールに低分子量で浸透し、酸処理を行うことで高分子化させ、ダメージホールを内部から補修します。

特に、ブリーチ毛などのハイダメージ毛やクリープパーマのクリープ後に酸処理を行うと毛髪強度やカールの形成率が向上します。

そんな 酸縮合型の羽毛ケラチン処理剤“Trump”の何が新しくなったかというと…

香料を新たに添加しました!!

この羽毛ケラチンというのは人毛ケラチンに次いで、非常に匂いがきつく…「サロンワークでは使いづらい」との意見を多く頂いたので、今回は香料を加えました^^;

 で、香料は加えたものの完全に可溶化させるのが難しく…もちろん可溶化剤を多く添加すれば問題無いことなのですが…

可溶化剤を多く添加することで“Trump”の従来の質感が変わるのも嫌だったので、最小限の添加に留めました。

ただ、↓を見てもらうと分かりますが…ボトル上部に白いの分かります?…

IMG_5084

完全に乳化しきれてません。

IMG_5085

 こうして振ってもらえれば、品質に問題なく使えますので…

IMG_5086

よく振ってからご使用下さい。左の旧“Trump”と色を比べて見るとよく分かると思います。

IMG_5087

ちなみに香りは爽やかなベルガモットです♪

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Trump マルチヒートケラチン , ケミカル

シンプルに処理剤の使い方を考えてみる。

理・美容師の皆さんお疲れ様です。ゴールデンウィークも過ぎてひと段落というところでしょうか?

 

今日はすこし前から処理剤の塗布する順番や相性など…似た内容の質問が多かったのでお答えします。

 

これさえ押さえておけばOKという簡単な説明になりますが^^;

まずはじめに…

①アニオンなのかカチオンなのか、または両性なのか?…それともノニオン?

使用する処理剤の極性を知ることで効率よく毛髪に吸着させることが出来ます。

たとえばAとBという極性の違う処理剤をそれぞれ有効濃度以上に希釈して薄めて塗布してもAとBのイオンコンプレックスによって相乗効果が得られやすく、処理剤を単品使用するよりも毛髪への歩留まりが高く持続性も向上します。

押さえるポイントは、大雑把にいえば極性はどちらが先でも構いませんが必ず順番に毛髪へ塗布することです。気をつけたいのは極性の違う処理剤を混合してはいけないということ!!アプリケーターなどに違う極性同士を混ぜると下の画像のように容器のなかでイオンコンプレックスが起きてしまうので注意が必要です。

※イオンコンプレックスによって必ず繊維質のものが析出するわけではありません。白濁したり粘りがでるだけのこともあります。

②分子量のサイズ

 次に押さえたいポイントは分子量です…基本的には分子量が小さいほうから順番に中分子~高分子のもの施術すれば良いと思います?

高分子だと毛髪内部へは浸透しないとか?まぁ、分子量の“サイズ”という言葉が誤解を招きやすいのですが^^;処理剤では主にケラチンやシルク・コラーゲンを扱うと思いますが、どれも組成はアミノ酸です。

そのアミノ酸の鎖のようなつながりが短ければ低分子、物凄く長く繋がっていれば高分子…もうお分かりですよね?

高分子のようにアミノ酸が物凄く長い鎖状になったからってアミノ酸そのものが大きくなるわけではないので、低分子が毛髪内部へ浸透するなら当然中分子だろうが高分子だろうが毛髪内部へ浸透します。

※昔の業界誌などではよくボールのサイズで例えていた時期が一時期あったせいか未だに高分子は毛髪内部へ浸透しないという誤解が蔓延していますね^^

 

 

 

よくWECO BASEの処理剤は難しそう…と敬遠されがちですが実は物凄くシンプルな考え方で構成されています。

 

疎水性反応型フェザーケラチン処理剤“Alice”…極性はカチオン性で、低分子と高分子の疎水性ケラチンで構成しています。

酸縮合型疎水性ケラチン処理剤 “Trump”…極性はアニオン性で、低分子と高分子の疎水性ケラチンとCMC・各種アミノ酸で構成しています。

Mirror’s Alice…極性はアニオン性で、セルロースとCMC・ヘマチン・各種アミノ酸で構成しています。

Sleek Essence…極性はカチオン性で、ポリクオタニウムー73のみの構成です。

 

最後に…ヘマチンのようにケラチンのヒスチジンと結合したり、酸によって縮合する処理剤もありますのでその辺はまた次の機会に書いてみます。

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Alice アルキルカチオン羊毛&羽毛ケラチン , Trump マルチヒートケラチン , ケミカル , Mirror’s Alice NMF&コンプレックス用アニオンセルロース , Sleek Essence カチオン系処理剤

酸縮合型疎水性ケラチン処理剤 “Trump”

こちらφ型ケラチン処理剤ファイマックスー750の後継として開発されたAcid Condensation Hydrophobic Keratin“Trump”ですが↓

 臭いについての問い合わせが多かったのでお答えします!!

 

まぁ、“Trump”の臭いはハッキリ言って悪臭です…

サロンメーカーで販売されているケラチン処理剤の中でここまで悪臭を放つ商品はまず無いでしょう^^;

問題は何故ここまでの“悪臭”を放つか?

答えは動物性タンパク質は臭い!!です。特にシスチンを多く含むケラチンタンパクはね。

 

理・美容師さんの多くは処理剤にケラチンを使うことが多いと思います。

どこの美容メーカーでも構いませんが、ケラチン処理剤って悪臭はしませんよね?

むしろ良い香りがするんじゃないでしょうか?

何故か?それは香料で誤魔化せるくらいにケラチン濃度が薄いということではないでしょうか?だからメーカーの言う説明通りの結果が出せずにいませんか?…あんまり言うと後が恐いんでこのくらいにします^^;

 

また研究熱心な理・美容師さんのなかには美容メーカーの処理剤は濃度が薄く効果が出せないということで、ケラチン原料を生詰め販売しているものを購入している方もいますが…原料レベルのケラチン原料は濃度が濃いために少し臭いんですよね…

でもそれは原料レベルであって決して原液では無いんですよね^^

 

 そう、“Trump”が非常に臭いのはケラチン濃度がとても濃いためなんですね♪

 

どうしても臭いが…という方は“Trump”を20倍希釈した後に水溶性のバニラの香料を添加すると少しだけ誤魔化せます^^;

 

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Trump マルチヒートケラチン , ケミカル

マルチ還元

先日発売した“Libra Carl 5”“Libra Carl 9”の紹介です。

…“Libra Carl 5”はpH5.5の弱酸性チオグリコール酸で、通常のハード系チオグリコール酸と比べ還元速度が非常に緩やかです。※一次膨潤と二次膨潤関係…参照→膨潤とは?

また、プレ還元剤として使用すると毛先のかかりすぎを防ぎ、均一なカールを形成します。…

 

ということで今日は“Libra Carl 5”とLibra Carl 9”で実験♪

実験用にとお客様から提供して頂いたブリーチ回数不明なハイダメージ毛…ご協力感謝です^^

地毛はやや太めでしっかりした毛髪なので、同じ条件のダメージ毛作るならブリーチを最低4回は必要かな^^;

 

で、↑貴重な毛髪サンプルなのでこのくらいに分けて毛束を作ります。

 

↑まずはpH5.5・弱酸性チオグリコール酸4%の“Libra Carl 5”を付け巻き後にpH8.8・システアミン3%、チオグリコール酸2%、システイン0.3%の複数還元剤Libra Carl 9”塗布!!放置タイムは5分

 

からの炭酸中間水洗→“Trump”10倍希釈塗布→過酸化水素5分×2回

 

 ↑何も付けずにデジタルパーマみたいに指でクルクルドライ♪

↑施術前の毛髪の毛先比較…pH8.8のアルカリ還元剤でアクティブさせても、pH5.5の弱酸性チオグリコール酸でプレ還元してあるから二次膨潤の暴走による過膨潤(ビビリ)を防げたって事でまとめていいかな?

本当はまだ言い足りないところあるけど^^;

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル , Libra Carl 5&7&9 コスメ系パーマ液

Acid Condensation Hydrophobic Keratin “Trump”

φ型ケラチン処理剤“ファイマックスー750”が新しく…

 

こちら酸縮合型疎水性ケラチン処理剤 “Trump”としてリニューアルします!!

 

使い方は従来のファイマックスー750と同じです…基本10倍希釈で使用し、酸性(pH4付近)にすることで瞬間的に凝集し、毛髪内部に浸透したφ型ケラチンの平均分子量が約30倍に高分子化し、水難溶性の高分子ケラチンへと変化します。

 

こういった特性から主にクリープパーマの中間処理剤と使われることが多いファイマックスー750でしたが…

ある日、実験でなんとな~くプロティキュートHガンマ(アニオン性の疎水性高分子γ型ケラチン)と組み合わせたところ…

ウェーブ形成や手触りなど、高分子ケラチン処理剤の良さもあってまぁまぁ良かったんです^^でもその分φ型ケラチン独特の“軽さ”が多少損なわれる結果に^^;

 

そこで、未公開の○○ケラチンを加えていろいろと比率を変えながら試行錯誤しているうちに黄金比率発見♪

 

羽毛由来のφ型ケラチンの独特の“軽さ”を損ねずに、“しなやかさ”をさらに強化したような感じ^^

 

内容的には羽毛由来の疎水性低分子φ型ケラチンを主成分に、羊毛由来の疎水性高分子γ型ケラチンに加え…

未修飾のφ型ケラチンファイマックスー750と比較してシスチンが12倍、リジンが約11倍、ヒスチジンを約6倍多く含有した○○ケラチンを加えたケラチンを配合した三種混合処理剤に仕上がってます^^

 

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Trump マルチヒートケラチン

NEWφ型ケラチンは高分子?…ムフフ^^

前回の…

 

NEWφ型ケラチン処理剤~ファイマックスー30000~

 

アップしてから色々な意見やお問い合わせが多くてビックリ!!

 

でもね、前回も言った通りお取引サロン様にも詳細は明かせません^^;

 

前回のプチ公開情報…

・φ型ケラチン処理剤

・アニオン性

・疎水性

・酸縮合時の臭気が強烈になりました^^;

 

 

今日のプチ公開情報…

・低分子

ファイマックスー750(未修飾のφ型ケラチン)と比較して…

・シスチンが12倍多く含有

・リジンが約11倍多く含有

・ヒスチジンが約6倍多く含有

 

ちなみに羊毛ケラチンと比較すると…

・シスチンが約1.4倍少なく含有

・リジンが約2.7倍多く含有

・ヒスチジンが約1.5倍多く含有

 

あえてシスチン、リジン、ヒスチジンが多く含有していることを公開したか考えてみて下さい^^

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル

NEWφ型ケラチン処理剤 ~ファイマックスー30000~

こちら…

 

とある事情で…

 

ファイマックスー750が廃盤!!…に、なります。

 

今現在の在庫

・400mlが4本

・1250mlリフィルタイプ1つ

となっております^^;

 

とある事情っていうのは…以前から研究していたファイマックスー750の後継版がもうすぐ完成間近だからなんですね♪

 

(仮名称)ファイマックスー30000…って名前になるかも?

 

そして今回の(仮名称)ファイマックス-30000は申し訳ございませんが、お取引サロン様にも詳細なスペックなどは非公開とさせて頂きます^^;

使用方法は、従来のファイマックスー750同様の扱いでお使い下されば問題はありません^^

 

プチ公開情報…

・名称の由来通りφ型ケラチン処理剤。

・アニオン性。

・疎水性

・酸縮合時の臭気が強烈になりました^^;

くらいでしょうか…

 

疎水性反応型φ型ケラチン“Alice”同様にインパクトのある処理剤だと確信してます!!

 

また発売準備が出来次第公開していきます。

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル

カチオン化φ型ケラチンの優位性

φ型ケラチンの優位性で紹介しましたが、φ型ケラチンの補修イメージはこんな感じです↓

ダメージによっては大きなダメージホールや小さなダメージホールも存在します。

そこにファイマックスー750を浸透させた後に酸縮合させるとこんな感じに↓

大きなダメージホールも小さなダメージホールもこんな感じに補修できるのがファイマックスー750なんですね♪

 

で、今日の本題“カチオン化φ型ケラチンの優位性”

 

その前に…

未だにカチオン化ケラチンだから…高分子ケラチンだから毛髪内部に浸透しない!!

と、断言される方がチラホラいますがそれは少し違うような気がします^^;

 

カチオン化されているものでも毛髪内部に浸透します^^;例えば、今日紹介予定のカチオン化φ型ケラチン!!

知的財産権に関わるのであまり詳しくは言えないのですが、未修飾のφ型ケラチンと同等の破断強度まで毛髪を補修するんですよね…これって毛髪内部に浸透・補修してないと考えられないことなんです^^;

未修飾のφ型ケラチンが毛髪内部に浸透しやすいだけであって毛髪外部にも吸着しますし…カチオン化されていても毛髪内部にも浸透します。ただ毛髪外部に吸着しやすいだけのこと!!

 

ちなみにカチオン化した高分子ケラチンだって毛髪内部に浸透します♪

 

カチオン化φ型ケラチン混合処理剤“Alice”にも配合している分子量20.000~40.000のアルキルカチオン化高分子ケラチンの浸透・補修イメージはこんな感じです↓

低分子のφ型ケラチンよりは若干浸透に時間がかかります^^

カチオン化高分子なので毛髪表面にも吸着し、ダメージから保護します↓

カチオン化ケラチンだから浸透しない!!って…そんな事無いし、高分子ケラチンだって浸透する^^;

 

分子量が大きいとか小さいなんて、大小で表現するから誤解を招くのだろうけど…分かりやすいイメージで例えると…

 

仮に、10人が手を繋いだ状態が低分子なら10000人手を繋いだ状態が高分子…

 

10人手を繋いでビルの中へ入るのは簡単ですが、10000人が手を繋いだ状態でビルの中へ入るのは大変かもしれませんが入れます^^

 

この例え…分かり辛かったらすみません^^;

 

ちなみにこれが↓“Alice”カチオン化低分子φ型ケラチン(オレンジ色)とアルキルカチオン化高分子γ型ケラチン(ピンク色)の補修イメージです^^

高分子ケラチンが入りきれない小さなダメージホールを疎水性低分子のカチオン化φ型ケラチンが補修します。

また高分子ケラチンが低分子ケラチンの流出を防ぎます。

カチオン化φ型ケラチンの優位性って高分子では入れない小さなダメージホールまでちゃんと補修できるってことです^^;

それと、“Alice”がカチオン化φ型ケラチン単体にしなかったのは疎水性高分子ケラチンと組み合わせた方がより疎水性相互作用の効果が良かっただけの事です♪

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Alice アルキルカチオン羊毛&羽毛ケラチン , ケミカル
WECO BASEのヘアカタログ
ネット予約ページへ
一般のお客様用オンラインショップ
業者用ショップログインお申し込みフォーム
トップに戻る