WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

ホーム > WECO BASE BLOG > シルク

TAG : シルク

疎水性反応型フェザーケラチン“Alice”価格変更!!

お取引サロン様へ…

 

この疎水性反応型フェザーケラチン“Alice”の価格変更です詳しくはショップページからご確認下さい。

 

シルクの様な軽さとケラチンの強度を合わせ持った疎水性反応型フェザーケラチン“Alice”を始めてご購入される方はこちらから登録をお願いします。

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Alice アルキルカチオン羊毛&羽毛ケラチン

アミノ酸を知るということは…

今日はアミノ酸について!!現場のサロンワークにあまり関係のない内容…関係なくはないか^^;

 

アミノ酸というのはカルボキシル基(酸基)とアミノ基(塩基)の組み合わせから出来ています。

 

サロンワークでよく耳にするアルカリ性アミノ酸…アルギニンというのはカルボキシル基(酸基)とアミノ基(塩基)の組み合わせでアミノ基(塩基)を多く含んだアミノ酸のことなんですね^^他にはリジンとかヒスチジンなど。

で、このカルボキシル基とアミノ基のバランスが同じ場合はシステインやプロリンといった中性のアミノ酸となります。

アルカリ性と中性とくれば、酸性のアミノ酸!!旨味成分のグルタミン酸とか^^構造的にはカルボシル基とアミノ基のうちカルボキシル基を多く含む組み合わせになります。

 

ちなみにカルボシル基とアミノ基の組み合わせでアミノ酸は約500種類も存在するといわれています。

 

以上で、“カルボキシル基+アミノ基=アミノ酸”という様に構成されていることは分かります。

 

今度はアミノ酸同士の組み合わせです!!アミノ酸同士の組み合わせをタンパク質といいます。

 

アミノ酸Aにあるカルボキシル基(-COOH)とアミノ酸Bのアミノ基(-NH2)が脱水縮合し…アミノ酸AとBが結合した状態がペプチド結合なんですね^^

で、このペプチド結合が多くなるとポリペプチドと呼ばれます。

 

ここで一旦まとめます。

 

カルボキシル基+アミノ基=アミノ酸

アミノ酸+アミノ酸=ペプチド(タンパク質)

 

ここから↓はサロンワークに役立つ情報です^^;

 

サロンワークで使用する処理剤といえば…ケラチン、シルク、コラーゲンが代表的な3種類になります。

この三種類はタンパク質なので当然アミノ酸から出来ています。

 

※数字は若干大雑把に書きました^^;さらに原料などにより数値にはばらつきはあります。

 

人毛ケラチンのアミノ酸組成…

シスチン15%、グルタミン酸14%、アルギニン9%、その他

 

ケラチン(羊毛)のアミノ酸組成…

グルタミン酸15%、シスチン10%、アルギニン10%、その他

 

シルク(フィブロン)のアミノ酸組成…

グリシン40%、アラニン30%、セリン15%、その他

 

コラーゲンのアミノ酸組成…

グリシン33%、プロリン21%、アラニン11%、その他

 

 

…もう、知っている方もいるかもしれませんが^^;

 

なぜ毛髪の補修にケラチンが一番有効なのか?…それは毛髪の80~90%はケラチンから出来ています。その毛髪のアミノ酸組成に一番近いのが羊毛ケラチンなんですね^^

 

アミノ酸を知るということは…そういうことです^^

 

だからといって羊毛ケラチンの処理剤がすべてが良いわけではありません…過去に何回もブログで書きましたが、羊毛ケラチンの中でも疎水性ケラチンでなければなりません。

それはダメージした毛髪は親水化して、毛髪本来の疎水性ではないからですね…親水化した毛髪を毛髪本来の疎水性に戻すのは疎水性ケラチンでなければならないからです。

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル

もうすぐ…

例のWECO BASEオリジナルシャンプー…都庁の薬務課で化粧品登録申請しました♪

販売名は“ForestShampoo(フォレスト シャンプー)”でございます!!

長かった^^;…出来上がったサンプルをチェック!!成分を追加配合してはチェック!!妥協のない改良の繰り返し…遂に完成しました。

 

使えば分かる!!と言いたいのですが…やっぱり苦労して開発したのでちょっと言わせて頂きたい^^

 

まず、シャンプーのメインといえば界面活性剤!!この“Forest Shampoo”には界面活性剤としては抜群のトリートメント効果の高いラウロイル加水分解シルクNaを配合!!

洗浄力のバランスのためコカミドプロピルベタインとココイルグルタミン酸TEAも配合してます。

・コカミドプロピルベタイン…赤ちゃんシャンプーにも良く使われる優しい洗浄成分です。

・ココイルグルタミン酸TEA…アミノ酸系シャンプーの代名詞ともいわれ、こちらもトリートメント効果のある優しい洗浄成分です。

 

次にシャンプーに添加したトリートメント補修剤なのですがこんな感じです↓

・18MEA…健康な髪のキューティクル最表面の“F-layer”と呼ばれる部分にこの18MEAという脂質があるのですが、1~2回のカラーやパーマによって無くなり手触りが悪化します。今回配合した18MEAは毛髪に吸着しやすい様にカチオン化したものを採用。

・ヘマチン…詳しくはここをクリック→グロスフィリンカラー剤とヘマチンパーマ剤とヘマチン要は育毛・ダメージ補修・カラー剤やパーマ剤の過酸化水素除去です^^;

・シルク…ダメージ補修・艶感・毛髪強度向上

・コラーゲン…ダメージ補修・質感向上・パーマ後のシステイン酸増加の抑制

・ケラチン…α型ケラチン、γ型ケラチン、φ型ケラチンの三種類をバランス良く配合しました☆

φ型ケラチンはこの辺に書いた記憶が^^;→φ型ケラチン羽毛ケラチン

γ型ケラチンとα型ケラチンは一丸ファルコス社のプロティキュート配合…つまり美容業界最強のケラチン誘導体を配合ってとこです♪詳しくはこちら→プロティキュート

・キトサン…分子量80万という超高分子が擬似キューティクルとして再生し、また超高分子にも関わらず網目構造のため他のトリートメントやカラー剤やパーマ剤を阻害しません。また今度じっくりキトサンについて書いてみます^^;

・ペリセア…詳しくはこちら→ペリセアペリセアで失敗!?

これらトリートメント補修剤…この“Forest Shampoo”にはかなりの濃度で配合しています^^v

 

こちら“Forest Shampoo”は少し変わった使い方がありまして^^;

①まず、頭皮をマッサージするように洗います。

②毛先は泡を優しく揉み込むだけでOK!!

③流さずに一分間放置したら流します♪

①と②は普通のシャンプーと変わらないのですが③の一分間放置がこのシャンプーの重要なポイントです。

はじめに書いた洗浄成分(シルクPPT洗浄剤&アミノ酸系洗浄剤)は刺激の強いラウリル硫酸系の洗浄成分ではなく、髪と同質のアミノ酸からなる洗浄成分なので 髪と頭皮を優しくトリートメント補修をしながら適度な脱脂力で汚れを洗浄しますので、少し時間放置するとより効果的に洗えます。

また、高濃度に配合したトリートメント補修剤が親水化したダメージ部分に集中的に吸着・疎水化(健康な毛髪状態)し、自己修復能力のない毛髪を効果的に補修します。

 

発売時期が確定したらまたお知らせします~♪

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル

スパイダーシルク

WECO BASEでは現在、美容師向けトリートメント処理剤の開発研究中なのですが、最近もの凄~~~く気になっているのは、スパイダーシルクという原料。

そのスパイダーシルクの驚くべき性質とは…繊維として直径0.5mmの糸にすると…なんと60Kgの体重の人間がぶら下がっても切れないという強度!!通常のシルクではまず無理ですね^^;

また、仮に直径が鉛筆の太さ位の繊維で大きな網を作ると…時速800Kmで飛んでくるジャンボジェット旅客機を止めてしまうことが出来てしまう!!

そう、このスパイダーシルクとはとんでもない伸縮性と破断強度をもっている…

しかも手触りはシルクより手触りが柔らかで、羽毛より軽く、鋼より強い…らしい。

そのスパイダーシルクを分かりやすく比較すると、防弾チョッキに使われるアラミド繊維“ケブラー”の破断時の伸びは約3%に対してスパイダーシルクは約30%!!と、破断するまでの吸収エネルギーは3倍!!また伸縮性はシルクの3倍!!

つまり、よく伸びてもなかなか破れないってことですね♪

スパイダーシルクはこれだけの機能性を保持しているため防弾チョッキの繊維、宇宙ステーションのコーティング剤、手術用縫合糸と用途は様々で、もちろん加水分解して化粧品原料としても流用できると思います…が!!まだ製品化されてない^^;

僕が知りうる限り、スパイダーシルクに関する特許や文献はあるのにまだどの化粧品原料メーカーも製品として扱っているとは聞いた事が無い^^;衣料品メーカーさんでは商品化されてるのにね!?

仮に、もしスパイダーシルクが化粧品原料として発売されたら高分子シルクよりも、キトサンよりも、どんなポリマーよりも遥に強力な皮膜系トリートメント原料になる事は間違ない!!

…と思うよ^^;

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル
WECO BASEのヘアカタログ
ネット予約ページへ
ショップリスト
一般のお客様用オンラインショップ
業者用ショップログインお申し込みフォーム
トップに戻る