WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

HOME > WECO BASE BLOG > スキンケアもイオンコンプレックス?

スキンケアもイオンコンプレックス?

新年を迎えて…久しぶりの更新になります^^;

今年もどうぞよろしくお願いします!!

11月から12月に限ってフォレストシャンプーの出荷量を超えて売り上げNo,1だったのがこちらウォータークィーン!!…?

仲の良いディーラーさんからは「ヘアケアよりスキンケア売ってどこに向かってんの?(方向性)」とからかわれます^^;

まぁ、僕に言われても分かりませんが…サロンの現場ではスキンケアの重要性も増してるってことかな^^?

事実WECO BASEでもウォータークィーンの売り上げは好調♪…特に空気が乾燥してきたあたりからね。

発売当初から愛用されてるお客様からは“化粧のりが良い”と評判です♪

Water Queen

まずはおさらい…このウォータークィーンの特徴と言えば…

純度の高い低分子と高分子のヒアルロン酸と、ナノ化したプラセンタ、さらに多機能保湿成分リピジュアを配合した高保湿美容液です。

・ヒアルロン酸…保水力が高く、ヒアルロン酸 1グラムで6リットルもの水分を保持することができるといわれています。 そのため、ヒアルロン酸が細胞間の隙間を埋めて、お肌のハリやうるおいを保つことが期待できます。

また、見た目では肌の水分量が上がるため光の通りが良くなり、肌の透明感もアップします。試しに片方の手の甲に付けて見ると一目瞭然です!!肌の白い方は分かりづらいので、血管の青さで見比べるとある程度肌のくすみが薄くなるのが見て分かります。

・ プラセンタ…細胞分裂を促進させ細胞を活発にさせる成長因子と呼ばれる成分を筆頭にアミノ酸やミネラルなど栄養価の高い成分が豊富に含まれています。つま り、細胞を活性化させるため肌は綺麗になり、シワやシミが軽減され、きめ細かい肌になるためプラセンタは高い美容効果を期待できます。

・リピジュア…人工血管・人工皮膚など医療用としてヒトの細胞膜を構成し涙にも含まれる成分“リン脂質”をモデルに開発された世界初のナノサイズの 水溶性ポリマーで、ヒアルロン酸の保湿力の約2倍という高い保湿力があります。また乾燥することで保水性に優れたラメラ層の疎水性皮膜を形成することで水 洗いした後でも高い保湿力を維持します。

…ということなのですが、一言でいえば…

高保湿美容液

内容成分も…

水、ペンチレングリコール、ヒアルロン酸Na、プラセンタエキス(ブタ由来)、ポリクオタニウムー61、ココイルアルギニンエチルPCA、BG、グリセリン

と、とてもシンプルな処方…

そう、ただただ保湿するだけ…保湿することだけに特化した美容液なのです^^

 

そして…タイトルの“スキンケアもイオンコンプレックス?”なのですが…まずはこちらウォータークィーンの姉妹品ホワイトクィーン

White Queen

こちらホワイトクィーンの特徴もおさらい…

White Queenのメインの配合成分…h-EGF(Human Epidermal Growth Factor) とはヒト上皮細胞増殖因子のことで微生物由来より生産されたものです。

h-EGF(ヒトオリゴペプチド-1)は、53個ののアミノ酸から形成されるタンパク 質で、人間及び哺乳動物の体内に存在します。h-EGFは多機能の細胞再生因子で細胞膜のh-EGF受容体(一種の糖タンパクで、人体の細胞膜の表面 に存在します)と結合して新しい細胞の生産を促進します。

人間は年齢を重ねるにしたがって、h-EGF(ヒト上皮細胞増殖因子)の分泌量が減少していき、 肌の老化現象の主な原因になっていますので、このEGFを化粧水に配合することで、肌細胞が活性化し、ターンオーバーの周期を整え透明感とハリのある肌へ導きます。

また、ビタミンC誘導体やフコイダン、ヒアルロン酸の相乗効果によりお肌を健やかに保ちます。

こちらは細胞を活性化させる化粧水ですね…詳しくはこちら→EGFとは?

内容成分は…

水、 ヒトオリゴペプチドー1、グイセルアスコルビン酸、褐藻エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、白金、セル ロースガム、BG、グリチルリチン酸2K、クエン酸Na、アルギニン、炭酸水素Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

と、ウォータークィーンよりゴチャついてますが、EGF、ビタミンC誘導体、フコイダン、ぺリセアと機能性が認められた成分をメインに処方した化粧水なのです!!

改めて内容成分をみて気付いた美容師さんも居るとは思いますが、リピジュアもぺリセアもヘアケアとスキンケア共通の機能性原料です。

どちらも両親媒性ではありますが、リピジュアはカチオン性を示し、ぺリセアはアニオン性を示します。

ちなみにぺリセアはセラミド同様ラメラ結晶構造の再生…

リピジュアはナノスケール(1mm/10億)のラメラ層を形成…

順番(順不同)に使うことでイオンコンプレックスを起こします…つまり、リピジュアとぺリセアの皮膜形成です。

要は化粧水と美容液の有効成分をより効果的(相互作用)にする為、イオンコンプレックスによる皮膜で蓋をしようってことです^^

相変わらず文才が無く上手く書けない…

それこそ一言「併せてご使用頂くと、より一層効果的です」って言えばいいんだけどね^^;

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

カテゴリー: Water Queen 高濃度ヒアルロン酸美容液, ケミカル, White Queen EGF配合化粧水   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク | 2014年1月16日(木)

スキンケアもイオンコンプレックス? への1件のコメント

  1. ピンバック: 仕事中だってば!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WECO BASEのヘアカタログ


一般のお客様用オンラインショップ


業者用ショップログインお申し込みフォーム