WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

ホーム > WECO BASE BLOG > 前処理

TAG : 前処理

髪料理!!

昨日に引き続き今日も忙しかった…お客様には感謝感謝です!!

…が、手首が痛い…カットする姿勢が悪いのかな?…セニングシザー使っちゃおうかな?…でも性に合わないし…そもそも使い方も忘れちゃってるし…セニングシザーの使えない美容師って一体…まぁ腱鞘炎にならなければいいけど^^;

 

 

今日は独り言が多くはじまりましたが本題です^^気色悪いタイトルですが…今日は前処理について!!

 

前処理剤は何でもかんでも塗布すれば良いってことはありません^^;

当たり前のことですが、前処理剤を付けすぎてしまえば薬液を減力するからですね…

 

意外と思われるかも知れませんが、僕はサロンワークで前処理はあまりしません^^;どちらかというと中間~後処理で調整します。

その代わりにダメージ毛へは出来るだけ使用する薬剤のコントロールで済ませます。

 

例えば…

カラーならアルカリカラー剤、微アルカリカラー剤、中性カラー剤、に過酸化水素濃度でパワーコントロール。

パーマなら一剤のアルカリ度とpH、還元剤濃度と種類でパワーコントロール。

 

では、どんな時に前処理するかというと毛髪の状態がどの程度撥水毛よりになっているか?同じく、どの程度親水毛よりになっているか?を判断して必要であれば必要なことだけ処理する!!

何故かというと…薬剤は薬事法以上に強くできないし、また薬剤を弱く減力し過ぎてもパワーコントロールが困難になるため…なので扱い髪質へ移行させるための前処理です。

 

なので大雑把なことしか言えず施術には技術者の経験にお任せしますが…

・縮毛矯正やデジタルパーマなどで撥水毛よりの毛質には前処理にシステアミンで硬化した部分を柔らかくして疎水性に近づけて薬液の浸透性を改善。

元々の毛質が硬毛の様な撥水毛のお客様にも良いかもしれませんね♪詳しくは→’Libra Carl 7’

 

・コールドパーマやカラーリングで親水化した毛質には疎水化する必要があるので疎水性ケラチンを補給して疎水性に近づけてからの施術。異物を毛髪内で疎水化する方法などもありますが、やはりケラチンで疎水化するのが一番です!!そもそも毛髪は何でできていますか?

元々の毛質が軟毛の様な吸水毛のお客様にも良いかも知れませんね♪詳しくは→“ファイマックスー750”

 

 

で、前処理時の全てにおける注意点ですが、基本的にダメージに対して高濃度での処理はいけません!!

これは料理でいう調味料と同じ扱いです。素材に対してそれなりの調味料の使い方というものがあるのと同じでやり過ぎは素材をダメにします。

例えば、料理から砂糖や塩を使わずには美味しい料理は作れませんよね?だからといって砂糖や塩をドサッと使ったら不味いのが出来そうですよね?

それと一緒です^^

 

こんな事書いたらお客様に怒られそうですが…

 

・健康毛は下手な味付けなしでも美味しく調理できる一級食材。

・ミドルダメージ毛は一般的な食材でちょっと手を加えれば美味しくできる。

・ハイダメージ毛は不味い食材…どれだけ美味しく調理するかはコック(美容師)の腕次第。

 

って感じです^^;そのためには知識と経験による毛髪診断が必要ですが^^

 

 

あと最近気になるのが美容師の中には処理剤は減力するから処理剤は使わない!!って美容師さん…そういう美容師さんの意見もよ~く分かりますが^^

・使用した処理剤は毛髪に対して本当に適切な濃度でした?

・親水性のPPT処理剤を使いませんでした?

 

適切な前処理剤の濃度を知らずに使って減力しすぎてこれはダメだ…というのは何だか勿体ない気がします^^;

 

また、少し口は悪くなりますが…

これは優れた処理剤だから大丈夫!!と言われたから何にでも使うというレトルト美容師さんも、いろんな意味で勿体ない気がします^^;

 

処理剤は適切な濃度で処理しましょう♪

 

 

 

お取引サロン様に連絡です!!年末かな?これから商品化する商材をリストアップしましたが研究過程でこれは大手メーカーとほぼ同じ内容になってしまう…そうしたら販売価格で大手メーカーの大量生産の販売価格には太刀打ちできない!?ってことでいくつか製造を止めてしまった商材がいくつかあります^^;

申し訳ございませんがご了承下さい。

 

それともうひとつ…最近まではφ型ケラチン…特にWECO BASEで製造しているφ型ケラチン水溶液25%“ファイマックスー750”って濃度の濃い処理剤は僕が知る限りでは美容業界に無かったんですけどね、どうも各メーカーさん商品化が進んでるみたい♪

 

同じ原料の流通量が増えれば、原料の仕入れ単価が下がるから個人的には非常に喜ばしい事なんだけど…今より低価格で提供できるしね^^でも同じ様な物があってもつまらないでしょ?

 

だからね…

 

今は二種類の○○原料の研究してるんです!!

 

一つ目は、これが完成したらヤ・バ・イ!!

 

内容は皮膜系処理剤になるんですけどね、ビビリ補修の概念がひっくりかえるかも^^

 

もう一つはWECO BASEでもお馴染み…未修飾のφ型ケラチン“ファイマックスー750”

 

…今月末発売予定のカチオン化φ型ケラチン混合処理剤“Alice”…

 

そして…第3のφ型ケラチン!!

※第3のφ型ケラチンは未修飾のφ型ケラチンを供給する原料メーカーとは無関係です。ある意味、僕の中では第4のφ型ケラチンかもしれませんが^^;

 

でもあまり期待しないで下さいね…また諸事情の理由で止めてしまうかもしれないので…

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル

カラーの前処理にシステアミン

このケミカル関連のブログを書き始めてからメールやコメントでよく言われてたのが…

「今は難しくてよく分かりませんが、これから勉強していきます!!」

などなど…確かに難しく書きすぎたかも^^;使う言葉を違えても言ってる意味は同じなら分かりやすい方がいいですもんね^^

例えば…

「砂糖を精製水に添加する→溶解させる為に攪拌してピコ化した砂糖水を生成した。」

砂糖を水に溶かしたときに普通こんな言い方しませんよね?

「砂糖を水に入れて棒で混ぜる→水に溶けた。」

そう、言っている意味は同じでも難しくいうとそういう言い回しもあるってことです。

CMでお馴染みのシャンプー・トリートメントのピコアミノ酸もそう…水に溶かしただけのこと…そんなこと言ったら“Forest Shampoo”だってピコアミノ酸配合って商品として謳える♪言わないけど^^;

なのでこれからはもう少し分かりやすい説明に変えていきたいと思います^^;

 

で、今回はこの↓中性システアミン7%’Libra Carl 7’を使ったカラーリング時の前処理方法を紹介します。

まず、その前に’Libra Carl 7’の商品説明^^

・pHは中性なので、チオール臭やアミン臭といったシステアミン独特の不快臭がほとんどありません。※pHがアルカリ性になることでチオール臭やアミン臭が増加します^^;

・システアミン濃度7%の化粧品登録のカーリング剤です。

・毛髪の還元部分でチオグリコール酸やシステインはS-S結合の親水性部分のS1と呼ばれる部分を主に還元します。また、システアミンは疎水性部分のS2と呼ばれる部分を主に還元します。

 

具体的にはチオグリコール酸などで縮毛矯正・デジタルパーマなどの熱処理で硬くなった部分にS1に作用する還元剤を使用すると余計に硬くなり、酷いときにはチリツキやビビリがおきます。

解決方法としてはシステアミンで硬い疎水性部分のS2を切断し、硬く収縮した部分を柔らかくしてウェーブ形成すれば良いと思います^^

特に’Libra Carl 7’はpHが中性なのでアルカリ還元剤に比べて、2次膨潤が穏やかなのでタイムオーバーによるチリツキやビビリがおきにくくなっています!!

 

で、本日の本題です^^

先ほど書いた髪質…縮毛矯正・デジタルパーマなどで硬くなった髪質というのは髪本来の疎水性の状態から熱処理(過度の^^;)によって撥水性に近い状態へ毛髪内部の構造が変化しています。

そう、システアミンのS2還元により縮毛の捻れを緩和したり、熱によって硬く変性した部分をほぐす効果(限度はあります^^;)があります…つまり…撥水性よりになった毛髪を疎水性へ近づけることでカラー剤の染色作用の効率をアップします。

 

~施術例~

①基本的には撥水毛でカラー剤が入り難い又は、色が落ちやすいという方は’Libra Carl 7’を7~10倍希釈したものを毛髪に塗布して5分ほど放置もしくは2~3分パルッキーなどでスチームして一度お流ししてからカラー剤を塗布すればOK!!

②熱処理によってカラー剤が入り難い又は色がくすみやすい方は’Libra Carl 7’を7~10倍希釈したものを毛髪に塗布して5分ほど放置もしくは2~3分パルッキーなどでスチームして一度お流ししてから…必要最低限のCMCやケラチンPPTの補給と過酸化水素の%コントロールでOK!!

※過度のCMCやケラチンPPTの補給はかえって染色作用を阻害することもあるので注意して下さい。また、親水化した毛髪はファイマックスー750などで疎水化してから行って下さい。

③一番のオススメで簡単なのは’Libra Carl 7’を3~4倍に希釈したものを塗布したら洗い流さずそのままシャンプー(3~5分)→お流し→CMCやケラチンPPTとヘマチン→お流し→セット面でカラー剤塗布でOK!!

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル , Libra Carl 5&7&9 コスメ系パーマ液

Forest Shampoo で前処理

この“Forest Shampoo“ご使用中のサロン様へ!!

今回は“Forest Shampoo“を使った前処理を^^

前処理の目的は傷んだ毛髪を補修し、カラーの均一な発色や色味のコントロール、またパーマでは均一なウェーブ形成やダメージ保護e.t.c.…

でも、一歩間違えると…PPT処理剤の種類や濃度、塗布量など必要以上使用すると、カラー剤の酸化反応を阻害して退色を早めたり、パーマ剤の還元力を阻害してウェーブ効率を落としちゃう^^;

であれば、カラー剤、パーマ剤を阻害しない程度に必要なだけ毛髪内部に留まってくれれば…

時間がないので施術方法だけ書きますので、まずはお試しあれ!!

“Forest Shampoo“でワンシャン後…

~パーマ編~

①一丸ファルコス株式会社のプロティキュートUアルファ

②クローダジャパン株式会社のケラテック: IFP-HMW

③WECO BASEのファイマックスー750

~カラー編~

④カチオン化ケラチンならお好みで!!

いずれも10倍希釈でアプリケーターなどで根元から中間に塗布後コーミングしてなじませてから洗い流さずに“Forest Shampoo“でシャンプー→コーミング→お流し…すすぎの際に“Forest Shampoo“がコアセルベートを形成し、先に塗布した前処理剤を毛髪内部に留めてくれます♪

①は健康毛~ミドルダメージ、または熱変性をしている人にオススメです。

②は細毛や軟毛といったハリコシが無い方にオススメです。

③は重さは要らない“軽さ”と“ツヤ”が欲しい!!という方にオススメです。

④は分子量20.000以上の高分子ケラチンが特にオススメです。

分かり難かったらコメント下さい。

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Forest Shampoo ダメージケアシャンプー , ケミカル
WECO BASEのヘアカタログ
ネット予約ページへ
ショップリスト
一般のお客様用オンラインショップ
業者用ショップログインお申し込みフォーム
トップに戻る