WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

ホーム > WECO BASE BLOG > アニオン

TAG : アニオン

ハイダメージ毛にカラーリングするとなぜ濁る?

新年早々…スタッフにカラーのおさらいをしました!!

IMG_2026

ハイダメージ毛は、なぜカラーの発色が濁りやすく、色落ちしやすいのか?

単純なはなし…傷んだ髪は親水化し、極性はアニオンよりになります。

カラー剤の染料…ジアミンは一剤のアルカリと二剤の過酸化水素に反応してジアミンが活性化してカチオンに帯電します。

もう答えは出ましたよね^^;

健康毛の電荷はほぼほぼ±0なので、染料はす~っと浸透していきますが、ダメージの進行した毛髪はアニオン―よりになるので、内部へ浸透する前に活性化したジアミン+がアニオン―に捕まり表面で集中的に酸化発色してしまうので、染料が表面で重なり過ぎてしまうために濁った発色をし、退色が早まります。

理由はこれだけじゃないんですが、数ある濁りの原因の中の一つではあると思います。

で、「ハイダメージ毛は、なぜカラーの発色が濁りやすく、色落ちしやすいのか?」

の原因の一つが分かったら、どう対処するべきか?です。

親水毛→疎水毛に近づければいいわけで…つまり疎水化です。

具体的にはカラー剤を塗布する前に疎水化するよう前処理を行います。

施術手順はこちら…

フォレストシャンプー→タオルドライ→CMC類似脂質を少量コーミング&揉みこみ1分

→アリス塗布少量コーミング&揉みこみ→ハーフドライ→お流し

→タオルドライor完全ドライ→カラー剤塗布。

ハイダメージ毛に上記前処理を施術すると濁りにくく、色持ちの良いカラー剤本来の持ち味が最大限発揮されます。

ちなみに軽度のダメージ毛であればカラー剤にCMC類似脂質をカラー剤の総量に対して10%ミックスでも有効です。

※カラー剤にミックスした場合、同時進行で反応は起きますがCMC類似脂質は一分ほどでど素早く内部へ浸透し、親水化によって失われた薬剤の通り道CMC経路を作るので、CMC浸透→脱色→酸化発色の順で反応するので簡易なCMC経路復活&疎水化とカラーリングが同時進行で出来るのでオススメです^^

もちろん仕上がりは発色良好&艶サラ~な質感です!!

では(´・ω・)ノ

 

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Alice アルキルカチオン羊毛&羽毛ケラチン , Forest Shampoo ダメージケアシャンプー , カラー , ケミカル , 研究用CMC類似脂質処理剤

ラビッドフォームでヘアケア

…WECO BASEのホームケア商品で効果的な組み合わせは何ですか?…

そんな質問が増えてきて、個別で回答するのが難しくなってきた今日この頃^^;

なんで改めてホームケアの説明をしていきたいと思います。

巻き髪がもたない…枝毛…パサついて艶のない髪…にお悩みの方にオススメなのがこちらラビッドフォーム!!

適度にキューティクルを引き締めてツヤツヤの髪に仕上げます♪

もう少し詳しく説明すると…

成分的にはミルスタイルX-HPという強力な強力なヒートプロテクション効果を持つトリートメント成分を配合!

美容師さんならご存知の方も多いとは思いますが、220℃までヒートプロテクション効果を発揮します…ってもそんな高温を使ってもミルスタは耐えても髪がもちませんが^^;

こちらの成分は一般的に処理剤として、加熱によるダメージ保護、ハイブリーチによるキューティクルの剥離保護、ポリイオンコンプレックスにおいてポリアニオンとして使用されます。

ただこのラビッドフォームを講習会などで紹介すると、意外と知られていないミルスタの効果が…

ミルスタはアニオン成分なので、どうしてもアニオン系のものはキューティクルのリフトアップが問題となることが多いのですが、このミルスタはリフトアップしません。

つまりどういうことかというと…

カラーリング後シャンプーしますよね?シャンプーって基本アニオン系ですので多少リフトアップしますよね?だから入りきれない色素がシャンプー(リフトアップ)した時にキューティクルの隙間から出てカラーリングした色の泡になるんですよね。

ましてや昨今の市販で流行のノンシリコン…無添加…オーガニック系の物凄いリフトアップしやすい処方のシャンプーだと色落ちが激しいこと^^;

じゃ、どうしたら良いのかというと…このミルスタ入りラビッドフォームを髪に馴染ませてからシャンプーすればいいんです。

そうすれば毛髪表面を滑らかにリフトアップせずにコーティングしているので色落ちを抑制するってことです。

ちなみにコーティングすると毛髪内部に残留したアルカリ剤がいつまでも抜けずに毛髪のダメージが…なんていう意見もありますが、市販のカラー剤の様に内部残留しやすいモノエタ主剤にしてるわけでもあるまいし、サロンカラーは発色重視だからアン水でしょ?

重合した染料は抜けずともアルカリ剤は通常洗っているうちに抜けると思いますが?水が浸透している以上はね^^;

※アン水の分子量17.03 水の分子量18.01 間違ってたらごめんなさい@@;

話が逸れましたが…実際どう使うかというと、濡らした髪にこちら↓ラビッドフォームを適量馴染ませて一分程時間を置きます。

IMG_4337

 そして洗い流さずにそのまま↓のフォレストシャンプーで優しく洗います。

DPP_2872

で、ラメールトリートメントを適量塗布して一分程置いてから流して下さい。

DPP_3876

通常のヘアケアはフォレストシャンプー→ラビッドフォーム→ラメールトリートメントでイオン的な動きとしては…

ノニオン→アニオン→カチオンの動きになります。

カラーリング直後はラビッド+フォレスト→ラメールトリートメントでイオン的な動きは…

リフトアップを抑えたアニオン→カチオンになります。

なのでカラーリング直後はラビッドフォームを使うタイミングをずらすと退色予防に効果的な組み合わせになりますので是非参考にしてみて下さい。

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Forest Shampoo ダメージケアシャンプー , La Mer Treatment ダメージケアトリートメント , Rabbit Form アニオン系処理剤 , ケミカル , ホームケア

危険なトリートメント!?

こちら“Mirror’s Alice”は今までの商品の中で一番面白い存在かも^^

 

というのも世に出回っているほとんどのトリートメントはカチオン系なわけで、ホームケアに限ってはノニオン系は別として、アニオン系トリートメントは無いんじゃないかな?…たぶん。

だからサロン専売品や市販品といった括りなく、良くも悪くもどんなコンディショナーやトリートメントとイオンコップレックス・ポリイオンコンプレックスといった反応をして強力な被膜形成をしちゃう^^;

良いことだけ言えば…

【2Stepでどんなトリートメントでも強力なトリートメントに!!】

【お手持ちのトリートメントと組み合わせるだけで、ツヤ・サラ感2倍!!】

…なんて広告も謳えてしまうな^^;

 

だけど実際には組み合わせるトリートメントによっては強力に被膜し過ぎて毛髪に対してあまり良いとは言えない組み合わせもあるわけで…

つまり…一歩間違えると、しっとりし過ぎて乾き難い危険なトリートメントにもなってしまうわけです^^;

また、それだけ危険なトリートメントなだけに、使い方次第ではダメージ毛に対して非常に優れたトリートメントともいえます♪

 

※強力に被膜形成しすぎてしっとりして乾かないという時の対処法としてはシャンプーしてバブリングしたのち、目の粗いコームで優しくコーミングして流しせばある程度改善されます。

※また、ホームケアでは一度使用したら、必ず1~2週間は空けてから使用する!!などのアドバイスが必要になります。

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル , Mirror’s Alice NMF&コンプレックス用アニオンセルロース
WECO BASEのヘアカタログ
ネット予約ページへ
一般のお客様用オンラインショップ
業者用ショップログインお申し込みフォーム
トップに戻る