WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

ホーム > WECO BASE BLOG > カラー剤

TAG : カラー剤

シリコンが邪魔で色が入らない!?

“流行”というのはほとんどが一時的なもので持続するものではない…が“流行”が定着して“習慣化”することもある。

以前から流行っていた“ノンシリコンブーム”が収束しつつあるかな?とここ何ヶ月か思っていたところ…なんだか再燃してるみたい^^

 

大手メーカーのCMや広告は絶大な力があるから一般の方はそうなんだ!!って疑うことも無く信じちゃうけど…僕の様な田舎美容師が“本当のところ”を言っても何言ってんの?って思われちゃう^^

ちょっとした誤解程度なら別にいいんですけどね、誰でも良くあることなので…だけどシリコンをよく知りもしないのにバッサリ否定されると電車の痴漢冤罪のように僕は感じてしまう^^;

別にノンシリコンを否定するわけじゃ無いんですけど、“Forest Shampoo”だってノンシリコンだしね…ただシリコンを完全否定するその考え方を否定したくなる天邪鬼な性格がウズウズしてくる^^;

 

で、ちょっとカラー剤で実験してみた♪

片方は高精製のホホバオイルのみを塗布

片方は100万csの高重合シリコンのみを塗布

その上からカラー剤を重ね付け塗布し20分放置…どちらが良く染まるでしょうか?

 

結果はこんな感じです↓

左が高精製のホホバオイルのみ

右が100万csの高重合シリコンのみ

一目瞭然!!シリコンが何か邪魔しました?

ちなみに化粧品に使われる最近のシリコンは網目構造…メッシュのような構造なので包帯のガーゼをイメージしてもらえばいいんですが、カラー剤でもパーマ剤でもトリートメントでも浸透できます^^

美容師さんにシリコンのコーティングイメージを聞くと何故かラップで包んだ感じ?って言われるので^^;

油剤によっては良いものも悪いものもあるってことですね♪

※ホホバオイルが悪くてシリコンが良いというわけでは無いので誤解しませんように^^

 

 

香粧品化学に詳しい方なら…なんでホホバオイルで比較すんの?って聞こえてきそうなのでもう一つ実験♪

 

愛車“ポケットモンスター”いつかはMonsterに乗り換え!!ってね^^話しが逸れました。

ホイール回りやエンジン回りの油汚れを落としてくれるパーツクリーナーという脱脂剤!!

そう、車やバイクの油汚れは工業用のシリコン油だったりする…化粧品用シリコンとは比較にならないくらい強力に張り付いて雨天の泥水に晒されても落ちない!!負けない!!

それでも…こういったものは脱脂剤を使えば綺麗に剥がせる…

ウィッグに張り付いている余分な油剤を除去するのに何回もノンシリコンシャンプーで洗うのが面倒だったのでこの脱脂剤で一気に除去!!

化粧品用シリコンなんかイチコロです^^

 

左は脱脂剤でウィッグに張り付いていた油剤を取り除き、今度は炭酸水でよーく洗い流してからドライした状態

右は100万csの高重合シリコンのみ

その上からカラー剤を重ね付け塗布し20分放置…どちらが良く染まるでしょうか?

 

結果はこんな感じ↓

 

もう一度言います…シリコンが何か邪魔しました?

 

一般的にシャンプー・トリートメントに配合しているシリコンってせいぜい1~2%くらいでしょ?しかも揮発性のタイプ…

よくシリコンは毛穴に詰まるって聞くけど…どうやったらシリコンが詰まるのか教えて欲しい^^;

 

本当に邪魔なのはシリコンじゃなくて他の油剤では?特に残留性の強い不乾性油!!

 

…それ以前にこんな実験方法が間違ってたかな^^;

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル

カラーの前処理にシステアミン

このケミカル関連のブログを書き始めてからメールやコメントでよく言われてたのが…

「今は難しくてよく分かりませんが、これから勉強していきます!!」

などなど…確かに難しく書きすぎたかも^^;使う言葉を違えても言ってる意味は同じなら分かりやすい方がいいですもんね^^

例えば…

「砂糖を精製水に添加する→溶解させる為に攪拌してピコ化した砂糖水を生成した。」

砂糖を水に溶かしたときに普通こんな言い方しませんよね?

「砂糖を水に入れて棒で混ぜる→水に溶けた。」

そう、言っている意味は同じでも難しくいうとそういう言い回しもあるってことです。

CMでお馴染みのシャンプー・トリートメントのピコアミノ酸もそう…水に溶かしただけのこと…そんなこと言ったら“Forest Shampoo”だってピコアミノ酸配合って商品として謳える♪言わないけど^^;

なのでこれからはもう少し分かりやすい説明に変えていきたいと思います^^;

 

で、今回はこの↓中性システアミン7%’Libra Carl 7’を使ったカラーリング時の前処理方法を紹介します。

まず、その前に’Libra Carl 7’の商品説明^^

・pHは中性なので、チオール臭やアミン臭といったシステアミン独特の不快臭がほとんどありません。※pHがアルカリ性になることでチオール臭やアミン臭が増加します^^;

・システアミン濃度7%の化粧品登録のカーリング剤です。

・毛髪の還元部分でチオグリコール酸やシステインはS-S結合の親水性部分のS1と呼ばれる部分を主に還元します。また、システアミンは疎水性部分のS2と呼ばれる部分を主に還元します。

 

具体的にはチオグリコール酸などで縮毛矯正・デジタルパーマなどの熱処理で硬くなった部分にS1に作用する還元剤を使用すると余計に硬くなり、酷いときにはチリツキやビビリがおきます。

解決方法としてはシステアミンで硬い疎水性部分のS2を切断し、硬く収縮した部分を柔らかくしてウェーブ形成すれば良いと思います^^

特に’Libra Carl 7’はpHが中性なのでアルカリ還元剤に比べて、2次膨潤が穏やかなのでタイムオーバーによるチリツキやビビリがおきにくくなっています!!

 

で、本日の本題です^^

先ほど書いた髪質…縮毛矯正・デジタルパーマなどで硬くなった髪質というのは髪本来の疎水性の状態から熱処理(過度の^^;)によって撥水性に近い状態へ毛髪内部の構造が変化しています。

そう、システアミンのS2還元により縮毛の捻れを緩和したり、熱によって硬く変性した部分をほぐす効果(限度はあります^^;)があります…つまり…撥水性よりになった毛髪を疎水性へ近づけることでカラー剤の染色作用の効率をアップします。

 

~施術例~

①基本的には撥水毛でカラー剤が入り難い又は、色が落ちやすいという方は’Libra Carl 7’を7~10倍希釈したものを毛髪に塗布して5分ほど放置もしくは2~3分パルッキーなどでスチームして一度お流ししてからカラー剤を塗布すればOK!!

②熱処理によってカラー剤が入り難い又は色がくすみやすい方は’Libra Carl 7’を7~10倍希釈したものを毛髪に塗布して5分ほど放置もしくは2~3分パルッキーなどでスチームして一度お流ししてから…必要最低限のCMCやケラチンPPTの補給と過酸化水素の%コントロールでOK!!

※過度のCMCやケラチンPPTの補給はかえって染色作用を阻害することもあるので注意して下さい。また、親水化した毛髪はファイマックスー750などで疎水化してから行って下さい。

③一番のオススメで簡単なのは’Libra Carl 7’を3~4倍に希釈したものを塗布したら洗い流さずそのままシャンプー(3~5分)→お流し→CMCやケラチンPPTとヘマチン→お流し→セット面でカラー剤塗布でOK!!

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル , Libra Carl 5&7&9 コスメ系パーマ液
WECO BASEのヘアカタログ
ネット予約ページへ
ショップリスト
一般のお客様用オンラインショップ
業者用ショップログインお申し込みフォーム
トップに戻る