WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

ホーム > WECO BASE BLOG > チオグリコール酸は万能薬?

チオグリコール酸は万能薬?

パーマ剤や縮毛矯正剤のダメージを如何に軽減して思い通りのカールや質感を表現するために日々新しい化粧品原料が開発されて…新しい還元剤…新しい理論・技術が構築されて…

…次から次へと出てきますが、なんだかんだいってもpH違いのチオグリコール酸を操作することが万能だと僕は思うんです。

pH違いのチオさえあればW還元~ビビリ補修まで応用範囲が広く計算しやすい^^

 

で、今日は早く終わったから何しようかなぁ~っと、使いかけのリブラ5を探していたら奥からこんなの発見!!

・チオグリコール酸4% pH1.8

・システアミン5.6% pH1.8

普通に考えてありえないスペックでしょ^^?でもいいの!実験用だから…

実験結果は予想できても実際やってみたら予想外の結果になるかもしれないからね…少し前に流行ったアルカリブロムみたいに^^

とりあえず試してみる価値はあると思うのでやってみます!!

 

 

 

 

 

皆さんもありませんか?なんとなく予想が付く!!という判断だけでやらなかった事…気付いたらね…何時やるの?…今でしょ!?(笑)

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WECO BASEのヘアカタログ
ネット予約ページへ
一般のお客様用オンラインショップ
業者用ショップログインお申し込みフォーム
トップに戻る