WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

ホーム > WECO BASE BLOG > 無添加

TAG : 無添加

ノンシリコン・自然派・無添加信者…ちょっとこっちに来なさい!!~後編~

ノンシリコン・自然派・無添加信者…ちょっとこっちに来なさい!!~前編~の続き…

今度は前回のノンシリコンに付随してシャンプーの活性剤について少し…

市販の代表的な界面活性剤といえばラウレス硫酸Naとかラウリル硫酸Na…

他にはオレフィン(C14-16)スルホン酸Naなんか…これらは石油系合成界面活性成分と言われて…

シャンプー…ボディーソープ…洗顔剤…歯磨き粉…食器用洗剤…いろいろなところで使われます。

これら石油系活性剤は脱脂力が強すぎてダメージ毛には不向きな活性剤なんですね…ただこの石油系活性剤は値段が安いので低価格で商品ができる優れもの。

…たびたび自然派の人達に糾弾される活性剤ではありますが^^;

で、サロン専売シャンプーの多くはアミノ酸系界面活性剤がメインに処方されていて、適度な脱脂力に加えてシャンプーだけでも適度なコンディショニング効果が得られてカラーの色持ちを良くしてくれます。

ただし…アミノ酸系活性剤も立派な石油系合成界面活性成分ですので、自然派の人達から糾弾される!!…かと思いきやアミノ酸系はOK!という分けのわからない方もいます。

ちなみに自然派の人達が推奨するシャンプー剤の成分を見ると石鹸系の活性剤がほとんど…

代表的なところでいうと、水酸化Naとパラフィンや油脂を混ぜたものなんだけど…

これも厳密に言えば立派な合成界面活性剤だよ?

ただ旧指定成分が外れた成分だから…これは石鹸は合成じゃない!

って言いたいのかな?それとも昔ながらの活性剤だから?

※ちなみに一番色落ちしやすく毛髪にダメージを与えるシャンプー剤は石鹸系活性剤です…僕の経験上ね^^

石油系…アミノ酸系…石鹸系どれにしても合成界面活性剤であって自然界には界面活性剤は存在しません!!…乳化作用のあるレシチンやカゼインとかはあるけどね^^;

“じゃあ今まで自然派商品にこだわってきたけど騙されてきた?”

 と聞かれたら…騙されてます!!と僕は言っちゃいます^^

そもそもが自然派成分=良い物という構図が可笑しいしね…

「天然のヒガンバナエキスを濃縮配合した美容液!!」

って言ったら良さげに聴こえない?あっ…ちなみに彼岸花は猛毒だよ@@;

でも石油由来の精製パラフィンは一般的に鉱物油とかミネラルオイルって言われるけど…口紅やワセリンとして普通に使ってるでしょ?

極論だけど石油も地球が一億年以上の時をじっくりとかけて作った天然成分だし…それこそドモホル○リンク○よりもじっくりと時間をかけてね(笑)

女性誌にはゼッタイ書けないコスメの常識

新品価格
¥1,260から
(2013/10/10 18:07時点)

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Forest Shampoo ダメージケアシャンプー , ケミカル

ノンシリコン・自然派・無添加信者…ちょっとこっちに来なさい!!~前編~

過激なタイトルですねぇ~…完全な釣りタイトルです…m(●´C_,`●)m ゴメン

その代わり真面目に書きます。

そして久しぶりのブログ更新になります!!

本当にすみませんねぇ…愛犬のブログばかり更新していてこちらがおろそかにになってました^^;

※超大型犬ボルゾイに興味がある方は是非一度いらしてください♪→Borzoi bell’s life

では本題に入ります…去年の2月のときの記事になるけど…まずはコレ↓

 

シリコンが邪魔で色が入らない!?

 

シリコンの影響?

 

まぁ、最近は大手メーカーのホームページや美容専門誌でもシリコンのデメリットは限定的なものと回答されていますので、以前ほどのシリコン嫌いは少なくなっているのも確かです。

少し前だったらプロである美容師がシリコン=悪なんて言っていたからね…今頃は何て言っているんだろうね^^;シャンプーで落としきれない不乾性油と勘違いしてるとは思うんだけど…。

それでも営業していると一部のお客様は未だにシリコン=悪という認識が強い!!

理由を聞けば薬局のシャンプーコーナーにノンシリコンシャンプー専用コーナーが設けられていて、頭皮や毛髪によくないと謳っているらしい…

僕も見たことあるけど、どのメーカーもハッキリとシリコン=悪とは言わなくても曖昧なメッセージしか書いていない^^

正確にいうとシリコン=悪というイメージを連想させるきわどいキーワードばかり…

では何故ハッキリとシリコン=悪と、メーカーは宣伝しないかというと、シリコンは全くの無害だと知っているからです^^;

シャンプーに配合されているアミノ酸やタンパク質、○○エキスと比べても無害そのもの…そもそもアレルギーすら起こしませんよ♪…シリコンは^^

あえてメーカー名は伏せますが…最近僕が見かけたシリコン入りのものといえば缶コーヒーとシュークリーム…あとは豆腐かな?

また昔から傷口に高粘度シリコンを使う場合もあるし…医療では美容整形にも使うしね♪

シリコンが人体に与える影響はそのくらい無害だってことです!!

僕は化粧水~シャンプー~パーマ液などいろいろと処方していますが、もちろん原材料のなかにはシリコンもあります。

ちなみに原材料の入り目はドラム缶Σ(Д゚;/)や一斗缶という単位や…30kg…15kg…1kgという単位で仕入れたりしますが…

シリコンはkg単価で計算すると他の成分と比べても安くないんですね^^;

むしろ高いかな?まぁ配合量は少なくて済むけど^^化学修飾など機能性を付加したシリコン製品ならもっと高いし…。

で、洗い流さないオイルトリートメントって市販もサロン専売もあるでしょ?

値段が全然違うけど…あれは何が違うかっていうとサロン専売のオイルはシリコンの特性を最大限に活かすために市販のオイルと比べてシリコン含有量がかなり高いんですね…だから値段も相応に高いんです☆

ちなみに全部とは言いませんが市販の多くのオイルは植物油がメインに処方されているのでシリコンと違い酸化しますので製品の劣化が激しく…

毛穴を詰まらせたり…

色ムラ…

パーマのかかりムラ…

通気性の無い油膜によって毛髪をダメージしやすくなります^^;

 如何でしょう?それでもノンシリコンにこだわりますか?

 もし僕のいう事が怪しいと思うならご自身でシリコンの製造元に問い合わせたり…特許・文献のエビデンスを確認することをオススメします!!

まぁ、僕自身原料メーカーの受け売りですが^^;

続き↓

油脂・脂質・界面活性剤データブック

新品価格
¥33,600から
(2013/10/10 18:01時点)

界面活性剤と両親媒性高分子の機能と応用 (CMCテクニカルライブラリー―ファインケミカルシリーズ)

新品価格
¥4,830から
(2013/10/10 18:01時点)

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Forest Shampoo ダメージケアシャンプー , ケミカル

シャンプー

毎日皆さん毎日シャンプーしますよね?何を基準に選んでますか?

価格、量、香り、手触り、泡立ち、カラーケア、パーマケア、頭皮ケア、クチコミ?・・・判断基準は様々ですねぇ~。

まぁ、人にはそれぞれの髪質や悩みがあるように選ぶ目的変わって当たり前なのですが・・・今回は美容師がシャンプーを選ぶ判断基準というより、ケアリストが考える良いシャンプーの選び方を教えます^^

ちょっと注意が必要なシャンプーキーワード・・・無添加、ノンシリコンです。

なんだか世間ではこういうものが流行っていますねぇ・・・で、何が注意がなのか?ですが、まず無添加○○○シャンプー・・・大概のものは防腐剤のパラベン等が入ってないと謳っている商品が多いと思いますが、入っていたとしても“キャリーオーバー成分”として成分表に記載しないとか、そのパラベンに替わる防腐剤が凄い量で入ってるとか?でも、僕が注意してほしいのは防腐剤ではなく界面活性剤(気泡成分)のほう・・・“脂肪酸Na”“カリ石鹸”とか成分表に書いてあったら“石鹸”が入ってるってことです。

石鹸系で普段ヘアケアされてるお客様の髪の毛はカウンセリングの時点で触った瞬間判ります。ん~・・・なんていうのかな・・・石鹸系独特のカラーの退色、手触り、きしみ、乾燥等です。

何で今まで使っていた市販のシャンプーから変えたのか理由を聞くと、市販のシャンプーは髪に良くないと聞いたとのこと・・・確かに無添加って謳われると何だか良さげに聞こえる^^;でもだからって無添加系の商品が良いものとは限らない!!

ちなみに石鹸系シャンプーを使うと水の中に含まれる遷移金属のカルシウムイオンと石鹸の化合物に反応してカルシウム石鹸と言うものが出来ますが、これ石鹸カスやスカムと呼ばれきしみの原因です^^;ある程度は酸リンスで除去できますが完全には難しいと思います。それに市販のシャンプーで多く採用されてるSLS(合成界面活性剤)に比べても抜群の脱脂力があるので、カラー剤がしっかりと退色されます;;

無添加系の製品が全てとはいいませんが、石鹸系のもの使っていて色持ち、手触り、枝毛、乾燥良くなりました?髪質やカラー、パーマの持ちを良くしたいのなら使わない事!!こんな事書いてると嫌われてしまうと思うけど、石鹸系の成分は化学的に見て髪質が悪化する事はあっても良くなる要素はありませんから・・・ね^^;

シリコンもそうですが、何故こんなにもノンシリコンシャンプーが流行ってるのでしょうか?

毛穴が詰まってしまう?カラーやパーマの薬液が浸透しない?・・・誰から聞いたのでしょうか?まさか美容師さんから聞くことはまず無いとは思いますけど?必ずっていっていいほどカラー剤やパーマ剤には入ってるからね^^;

シリコンには種類が豊富にあります。女性が使うファンデのパウダー状から機械部に使われる潤滑油のオイル状とか?そう種類は豊富♪

確かに約10年前は皮膜形成がとても強いタイプで、毛穴が詰まってしまう物やカラーやパーマの薬液が浸透しない物も一部ヘアケア剤にも使われていた時もありました・・・そう10年前は!!

こんなに皮膜形成の強いタイプは僕ら美容師にとっても厄介でしたよ・・・だってカラーやパーマの薬剤が浸透しないって・・・困る^^;

そんなこんな要望から現在のヘアケア製品に入っているシリコンはラップみたいに皮膜形成するのではなくガーゼの様にメッシュ状というか網目状に皮膜形成するから現在は困らなくなった☆

手触りを良くするための感触剤としてシリコン以外に高分子ポリマーなどもあるけど・・・まぁこの辺の話はまたいつかしますが、シリコン無しでコーティングしなかったら、傷んでキューティクルが開いた状態の髪の毛同士が摩擦起こして余計にキューティクルが剥がれてダメージが進行するって!!

何故今ノンシリコンシャンプーが流行っているのか・・・素髪で綺麗な髪???

まぁ、無添加やノンシリコンって謳っていても洗浄成分がアミノ酸系洗浄剤だったり、シリコンの替わる高分子ポリマーやキトサン等の皮膜系成分で良く出来た製品ならオススメですけどね^^

シャンプー選びの相談にのりますよ~^^ケアリスト的には良い製品なら例えWECO BASEに無い物でもオススメ紹介はしますから^^

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル
WECO BASEのヘアカタログ
ネット予約ページへ
ショップリスト
一般のお客様用オンラインショップ
業者用ショップログインお申し込みフォーム
トップに戻る