WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

TAG : 原料

酸縮合型疎水性ケラチン処理剤 “Trump”

こちらφ型ケラチン処理剤ファイマックスー750の後継として開発されたAcid Condensation Hydrophobic Keratin“Trump”ですが↓

 臭いについての問い合わせが多かったのでお答えします!!

 

まぁ、“Trump”の臭いはハッキリ言って悪臭です…

サロンメーカーで販売されているケラチン処理剤の中でここまで悪臭を放つ商品はまず無いでしょう^^;

問題は何故ここまでの“悪臭”を放つか?

答えは動物性タンパク質は臭い!!です。特にシスチンを多く含むケラチンタンパクはね。

 

理・美容師さんの多くは処理剤にケラチンを使うことが多いと思います。

どこの美容メーカーでも構いませんが、ケラチン処理剤って悪臭はしませんよね?

むしろ良い香りがするんじゃないでしょうか?

何故か?それは香料で誤魔化せるくらいにケラチン濃度が薄いということではないでしょうか?だからメーカーの言う説明通りの結果が出せずにいませんか?…あんまり言うと後が恐いんでこのくらいにします^^;

 

また研究熱心な理・美容師さんのなかには美容メーカーの処理剤は濃度が薄く効果が出せないということで、ケラチン原料を生詰め販売しているものを購入している方もいますが…原料レベルのケラチン原料は濃度が濃いために少し臭いんですよね…

でもそれは原料レベルであって決して原液では無いんですよね^^

 

 そう、“Trump”が非常に臭いのはケラチン濃度がとても濃いためなんですね♪

 

どうしても臭いが…という方は“Trump”を20倍希釈した後に水溶性のバニラの香料を添加すると少しだけ誤魔化せます^^;

 

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Trump マルチヒートケラチン , ケミカル
WECO BASEのヘアカタログ
ネット予約ページへ
一般のお客様用オンラインショップ
業者用ショップログインお申し込みフォーム
トップに戻る