WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

ホーム > WECO BASE BLOG > シャンプーも処理剤という考え方…

シャンプーも処理剤という考え方…

施術前に髪を濡らすと水で膨潤して薬剤の浸透がよくなる…

場合によってはアルカリ剤による急激なアルカリ膨潤を穏やかにできる…それが最終的に毛髪へ与えるダメージにどの程度影響するか分かりませんが^^;

染色性や均一な還元はしやすくなる…剤によってケースバイケースでもあるけど^^;

今日のランキングは何位かな?→美容室・サロンブログランキング

さらにいうと、シャンプーは特殊なケースを除いてアニオン界面活性剤をメインに処方されている。洗浄性の高いアニオン界面活性剤だとよりキューティクルをリフトアップするので…剤の浸透がさらに良くなる…もちろん例外もあるけど一般論でいけばそんな感じ。

なので、施術前に汚れを落とすだけでなく、使いようによっては剤の浸透を助ける立派な処理剤という考え方もできる…

それにはシャンプーのスペックを知る必要があるのだけれど…

たとえばだけど、アミノ酸系よりもLAS系やAOS系活性剤とかいいのではないかと思う…

よくシャンプー解析サイトなどでは低評価の活性剤だけど僕が今書いてるのはダメージケアを目的としたシャンプーではなく、処理剤としての活性剤ですのであしからず。

その辺は各自で確認して下さい。

ちなみにWECO BASEのオリジナルのフォレストシャンプー…使いようによっては…ムフフ。

DPP_2872

フォレストシャンプーには疎水性のトリートメントがガッツリ高濃度に処方し、洗い流す際にはコアセルベートによってそれなりの被膜をするから不向きといえば不向き。

活性剤もアニオンではなく両性界面活性剤をメインに処方を組んでいる…だからキューティクルをリフトして剤の浸透をよくするなら一般的なアニオン系がいいのではないかと思う。

話は戻って、フォレストシャンプーのなにがムフフなのかといえば…

ダメージによってキューティクルを必要以上にリフトさせすぎたくないケースでは有効ではないかと^^

特筆すべきは高濃度に処方したヘマチン!!

フォレストシャンプーでヘマチンを毛髪内部に浸透させることでカラーの発色性能を高め染色性が向上する→カラー剤とヘマチン

フォレストシャンプーによる疎水性被膜で、多少なりと剤が減力するかもしれない…実感したことないけど^^;ただ浸透したヘマチンによってカラーやパーマのクォリティーが上がることは確かです。

…ただし、フォレストシャンプーで期待できるのはダメージ毛に対してです。

健康毛に近い場合は先ほど書いた、アミノ酸系よりもLAS系やAOS系活性剤などが良いかもしれません…。

お取引サロン様ではお客様にホームケア用のシャンプー剤として展開しているところが多いとは思いますが、処理剤という位置づけで再確認してみて下さい。

上記記事とは趣旨がズレますが、何となく過去の実験画像を載せておきます^^;

実験①

白髪染め 6トーンのアッシュブラウン  Oxy6%↓

自然放置20分間、カラー剤が酸化重合を起こしてカラー剤の色が変化しました…普通はこんな感じですが、これって実はまだ酸化しきれていないんですよね…

 

実験②

用意したのは…

・“Forest Shampoo”を水で10倍希釈

・白髪染め 6トーンのアッシュブラウン  Oxy6%

自然放置せず、白髪染め 6トーンのアッシュブラウン  Oxy6%に“Forest Shampoo”10倍希釈を入れて攪拌します。

“Forest Shampoo”に含まれるヘマチンがカラー剤を酸化重合を促進したため変色。

酸化重合促進の反応はとても早く、マドラーで攪拌すると瞬時に反応します。

実験を並べて比較すると下のように色の変化が見た目でわかります。

実験①に水を加えて“カラーリングにおける乳化”の状態にします↓

実験①を“乳化”させた状態にヘマチンの原液を1滴混ぜます↓

攪拌と同時に酸化しきれていない染料がヘマチンによって酸化重合を促進し、実験②と似た反応色になります。

あれれ…やっぱりヘマチン原液は濃すぎたようです^^;実験①の比較写真撮ろうとしたら、さらに酸化重合してらっしゃる^^;

カラー剤とヘマチン←でも書きましたが、ヘマチンはケラチンを架橋するだけでなく、酸化促進もしますし、還元も促進します。

実験や理論はとりあえず置いといて、まずはカラーリングの乳化時に“Forest Shampoo”をお試し下さい。

カラーリングの乳化によって均染効果が得られ、そこにヘマチンが加わることで、酸化しきれていない色素がしっかりと重合して発色が綺麗に仕上がります…つまり色持ちが長くなります^^

 

ヘマチンには他にも

・5αーリダクターゼ阻害(抗男性ホルモン)による育毛効果

・消臭効果(メルカプタン臭消臭作用)

・過酸化水素除去

・ウェーブ効率向上

・紫外線防止

・チロシナーゼ活性促進による白髪防止

なんて効果があります。

“Forest Shampoo”を自宅でもお使いのお客様の髪色は次回来店時に見れば違いが分かります♪

※よくあるヘマチンシャンプーと違い、“Forest Shampoo”は色付け程度にヘマチンを配合しているわけではありませんよ^^;ちゃんと効果のでる配合率でヘマチンを配合しています!!

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Forest Shampoo ダメージケアシャンプー , ケミカル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WECO BASEのヘアカタログ
ネット予約ページへ
一般のお客様用オンラインショップ
業者用ショップログインお申し込みフォーム
トップに戻る