WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

ホーム > WECO BASE BLOG > ポリイオンコンプレックス

TAG : ポリイオンコンプレックス

脂質をガツンと補給する方法。

お取引サロン様向け記事です。

基本的にマニュアルなど作らないのですが、トリートメント関連でよく聞かれるので今回の記事を参考にして発展させてください。

脂質をガツンと補給する方法…

なので髪質を見極めないとかえって大変なことになりますが、ブリーチや矯正などのハイダメージ毛には使える小技です。

まずは、フォレストシャンプーで洗います。

DPP_4518

一分もあれば高濃度へマチンが浸透し、次に使用するケラチンの定着をよくするベースが出来上がります。

次にタオルドライで水気を取ってから、こちらアルキルカチオン化ケラチンのアリスを塗布します。

DPP_4233

水気が多いと、アルキルカチオン化ケラチンは毛髪に吸着する前に、毛髪表面で析出し効果が薄くなります。

で、アリスを塗布したらコーミングしてよく馴染ませます。

そこに例の研究用CMC類似脂質を重ねて塗布します。

アリス同様に塗布したらコーミングしてよく馴染ませながら揉みこみます。

揉みこんでいるうちにネチモチとした質感に変化が起きたら、毛髪内部が疎水化してきた頃です。

そうしたらドライヤーでエタノールを抜いて完全に疎水変換させます。

この状態でかなり良いコンディションなのですが…

ここでミルスタ配合のラビッドフォーム

IMG_4337

を、さらに重ね付けコーミングすることで強力なコンプレックスを形成し、トリートメント効果の持続性を向上させます。

ポイントは脂質を塗布する前にアリスを使用したところにあります。

アリスはアルキルカチオン化ケラチンという親油性のケラチンです。これを扱いやすく水溶性にするため、また毛髪内部へ浸透させ、親水化部分を疎水化するために…

水と油どちらの溶媒にもなる有機溶剤…エタノールを繋ぎに配合しています。

つまりエタノール無しではアルキルカチオン化ケラチンは析出し、髪に浸透&定着しなくなるので、そうなると商材としては成立しないのでエタノールが配合されているわけなんですね。

正しい使い方としてはアリスを浸透させ、ドライヤーなどの熱でエタノールを抜くことで毛髪内部に析出&毛髪外部に張り付かせて、普段使用するお湯では簡単に流出しにくくするということです。

で、ここからが重要ポイントになります。

そのまま脂質を毛髪に塗布しても浸透はしますが、親水化した髪に親油性のものをいきなり塗布しても効率はよくありません。

なのでアリスを塗布したこのタイミングで脂質を塗布すると、エタノールが溶媒となって、親水化した毛髪に脂質を効率よく毛髪内部へ浸透させることが出来ます。

効率よく毛髪内部へ脂質を浸透させたあとにエタノールをドライヤー熱などで抜けば今度は毛髪外部への流出経路が遮断されて、持続性がよくなるということです。

ぜんぜん講習会とかしないからね…たまには真面目に商材説明しなきゃ^^;

では(´・ω・)ノ

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Alice アルキルカチオン羊毛&羽毛ケラチン , ケミカル

ラビッドフォーム業務用サイズのフォームポンプできました♪

まずはこちら↓過去のラビッドフォームトリートメントの関連記事↓

トリートメントでビビリ補修?

ラビッドフォームとお任せカラー♪

静岡 縮毛矯正専門店

ミルスタイル入り処理剤…Rabbit Form(ラビットフォーム)発売開始!!

あわあわのフォーム状で出てくるので、少量でも馴染ませが簡単で使用量の節約もできるのですが…

やはりサロンワークだとすぐ無くなるので、「まめに詰め替えをしないといけないのが面倒」

…という声を頂きまして…

確かに僕もそう感じてました^^;

なので150mlのフォームポンプに400mlの業務用バージョンを作ってみました!!

※詰め替えのみの購入サロン様から、他メーカーの一部のフォームポンプだと泡の形状にならないという報告がありました。ですが、品質には変わりないのでそのままお使いになれます^^;

IMG_2449

400mlフォームポンプは業務用販売のみとなっていますので、お取引きサロン様は購入サイトから価格の確認をお願いします。

まだ登録されていないサロン様はこちらのバナーからお願いします↓

業者用ショップログインお申し込みフォーム

 

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Rabbit Form アニオン系処理剤 , ケミカル

ミルスタイル入り処理剤…Rabbit Form(ラビットフォーム)発売開始!!

不思議の国のアリスシリーズ…

フォレスト(シャンプー)から始まり…

アリス(トリートメント)…

今回のラビッドフォーム(トリートメント)…

トランプ(処理剤)…

ウォータークイーン(高保湿美容液)…

ホワイトクイーン(機能性化粧水)…

ミラーズアリス(トリートメント)なんていう番外編も^^;

ちょっとネーミングに迷いながらの製作だったのでパーマ剤や流さないトリートメントは不思議の国のアリスとは関連性が無いのはご愛嬌('ェ';)

IMG_4337

今回のラビッドフォームトリートメント…

実は3年前からあった計画でして…これだけ時間がかかったのは原料のミルスタイルX-HPの入り目の問題^^;

それが解消されたのでやっと販売まで漕ぎ着けました♪

ずっとね、お取引サロン様からミルスタイル原料生詰め販売はしないの?って聞かれてたの^^

何回か僕もブログでビビリ修正の時のレシピに書いてたしね…だから

「原料の生詰め販売なら○○のサイトで販売してますよ?」

って他の業者さんを紹介したら…

「WECO BASEのブログでお世話になっているのでできるならこちらで揃えたい」

って…ありがたいことです。お世話になっているのはこちらなのに。

最近はこちらのブログはめっきりですが…こちら→お問い合わせフォーム←から個別に返信してますのでお気軽にご相談ください。

一週間経っても返信が無い時は再度送ってくださいね^^;

 それでは今回のラビッドフォームトリートメントの特徴と使い方です!!

特徴

・クローダジャパン株式会社のミルスタイルX-HPと日油株式会社のリピジュアをバランス良く処方したポリイオンコンプレックス処理剤です。

・ ミルスタイル単品使用でも…熱ダメージから毛髪を強力に保護したり、キューティクルのリフト抑制、退色防止、スタイリングのホールド性向上に役立ちます が、幾分軋みが出ますので、この軋みを和らげる為に両親媒性のリピジュアを配合することで、ミルスタイルのメリットはそのままに軋みの無い手触りの良い感 触に仕上がります。

・また、リピジュア配合によりドライヤーの熱で乾燥させることで、毛髪表面にナノスケールのラメラ層を形成し、水分・油分の保持性が高まり毛髪の乾燥を防ぎます。

・極性はややアニオン寄りに調整してありますので、カチオン性トリートメントと組み合わせることで、ポリイオンコンプレックスに使用できます。

 

使い方

・シャンプー後に本製品を適量馴染ませトリートメントを重ね付けして、一分放置してから流してください。※本製品とトリートメントの順番は逆でも構いません。

・φ型・γ型混合アルキルカチオン化ケラチンAliceトリートメントとのポリイオンコンプレックスを想定した極性となっていますので、是非Aliceトリートメントと合わせてご使用ください。

 

全成分

水、エタノール、ポリクオタニウムー61、(ラネスー40マレイン酸Na/スチレンスルホ酸)コポリマー、ココイルリンゴアミノ酸Na、ココイルアルギニンエチルPCA、グリセリン、BG、EDTA-Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

 

…と、購入サイトからのコピぺで、楽しちゃいましたが^^;

アニオン密度の高いミルスタイルを両親媒性(カチオン寄り)のリピジュアで極性のバランスを強アニオン→弱アニオンくらいにバランスを整えていますので、ラビッドフォーム単品使用でもミルスタイル単品で使用するよりも軋みにくくなっています。

また、アニオン性高分子なのでカチオン性高分子の処理剤と組み合わせてポリイオンコンプレックスも可能です!!

基本的には中間処理から後処理に特化した処理剤ですが、あまりにキューティクルのリフトが酷い損傷毛であれば前処理に使うのも有効です。

まぁ、基本的にはミルスタイルとリピジュアを良いとこ取りした処理剤ということです^^

 一般のお客様はこちらから↓

一般のお客様用オンラインショップ

 

美容業関係者はこちらから↓

業者用ショップログインお申し込みフォーム

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Rabbit Form アニオン系処理剤 , ホームケア

フォレストシャンプーが300mlへサイズダウンしました。

フォレストシャンプーがこちら↓の400ml丸ボトルから…

DPP_0025

こちら↓の300mlの四角ボトルへ切り替わりました。

DPP_2872

そして製造ラインが順調に予定通りなら今月末辺りにフォームタイプの “Rabbit Form”ラビットフォームトリートメントが発売になります。

・内容はややアニオン寄りに仕上げています。

・シャンプー後 “Rabbit Form”単品でのご使用では泡を染み込ませて1分ほど放置後、少量のお湯を少しずつ加えるようにチェンジリンスしながら流すとコアセルベートによって毛髪一本一本を綺麗にコーティングします。※単品使用の場合大量のお湯で流さないように気をつけてください。

・シャンプー後 “Rabbit Form”を適量しみこませてからいつものコンディショナー・トリートメントを重ね付けしてからコーミングして一分ほど放置してから洗い流して下さい。カチオンベースのトリートメントとポリイオンコンプレックスすることによって毛髪一本一本を綺麗にコーティングします。

コアセルベート・ポリイオンコンプレックスによって軽度のキューティクルのリフトアップであれば簡単に補修できます。

 また、普段のスタイリングに使用するストレートアイロンやコテなどの熱機器による熱から220℃までの耐熱性を示します…

が、正直髪はそこまで耐えられませんので設定温度はほどほどに^^;とりあえずスタイリングホールド性がかなりアップしますので巻いてもカールがすぐ取れてしまうということを防げます。

本来業務用トリートメント処理剤のポジションなのでかなり強力なトリートメントになりますので、一般の方への販売は使用上の注意を必ず説明して下さい。

 

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Forest Shampoo ダメージケアシャンプー , Rabbit Form アニオン系処理剤 , ケミカル

シンプルに処理剤の使い方を考えてみる。

理・美容師の皆さんお疲れ様です。ゴールデンウィークも過ぎてひと段落というところでしょうか?

 

今日はすこし前から処理剤の塗布する順番や相性など…似た内容の質問が多かったのでお答えします。

 

これさえ押さえておけばOKという簡単な説明になりますが^^;

まずはじめに…

①アニオンなのかカチオンなのか、または両性なのか?…それともノニオン?

使用する処理剤の極性を知ることで効率よく毛髪に吸着させることが出来ます。

たとえばAとBという極性の違う処理剤をそれぞれ有効濃度以上に希釈して薄めて塗布してもAとBのイオンコンプレックスによって相乗効果が得られやすく、処理剤を単品使用するよりも毛髪への歩留まりが高く持続性も向上します。

押さえるポイントは、大雑把にいえば極性はどちらが先でも構いませんが必ず順番に毛髪へ塗布することです。気をつけたいのは極性の違う処理剤を混合してはいけないということ!!アプリケーターなどに違う極性同士を混ぜると下の画像のように容器のなかでイオンコンプレックスが起きてしまうので注意が必要です。

※イオンコンプレックスによって必ず繊維質のものが析出するわけではありません。白濁したり粘りがでるだけのこともあります。

②分子量のサイズ

 次に押さえたいポイントは分子量です…基本的には分子量が小さいほうから順番に中分子~高分子のもの施術すれば良いと思います?

高分子だと毛髪内部へは浸透しないとか?まぁ、分子量の“サイズ”という言葉が誤解を招きやすいのですが^^;処理剤では主にケラチンやシルク・コラーゲンを扱うと思いますが、どれも組成はアミノ酸です。

そのアミノ酸の鎖のようなつながりが短ければ低分子、物凄く長く繋がっていれば高分子…もうお分かりですよね?

高分子のようにアミノ酸が物凄く長い鎖状になったからってアミノ酸そのものが大きくなるわけではないので、低分子が毛髪内部へ浸透するなら当然中分子だろうが高分子だろうが毛髪内部へ浸透します。

※昔の業界誌などではよくボールのサイズで例えていた時期が一時期あったせいか未だに高分子は毛髪内部へ浸透しないという誤解が蔓延していますね^^

 

 

 

よくWECO BASEの処理剤は難しそう…と敬遠されがちですが実は物凄くシンプルな考え方で構成されています。

 

疎水性反応型フェザーケラチン処理剤“Alice”…極性はカチオン性で、低分子と高分子の疎水性ケラチンで構成しています。

酸縮合型疎水性ケラチン処理剤 “Trump”…極性はアニオン性で、低分子と高分子の疎水性ケラチンとCMC・各種アミノ酸で構成しています。

Mirror’s Alice…極性はアニオン性で、セルロースとCMC・ヘマチン・各種アミノ酸で構成しています。

Sleek Essence…極性はカチオン性で、ポリクオタニウムー73のみの構成です。

 

最後に…ヘマチンのようにケラチンのヒスチジンと結合したり、酸によって縮合する処理剤もありますのでその辺はまた次の機会に書いてみます。

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Alice アルキルカチオン羊毛&羽毛ケラチン , Trump マルチヒートケラチン , ケミカル , Mirror’s Alice NMF&コンプレックス用アニオンセルロース , Sleek Essence カチオン系処理剤

4月限定ミラーズアリスキャンペーン!!

4/1(月)~4/30(火)の期間中に商品ご購入の方にこちらミラーズアリス150mlを1本プレゼント!!

条件は商品ご購入の方であれば業者様も一般のお客様も1回の注文につき1本プレゼントいたします。

ミラーズアリスの使い方はこちらを参照下さい↓

 

“Mirror’s Alice”

 

とりあえず希釈してカチオン物質と組み合わせてお使い下さい。

 

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

お知らせ , Mirror’s Alice NMF&コンプレックス用アニオンセルロース

過膨潤ビビリ毛を“なんとか”した後が大事!!

無茶なカラーの繰り返しと日々の高温によるコテでのスタイリングしたお客様が縮毛矯正して失敗した時を想定した毛髪作りから始めます。

施術工程はこんな感じ…

ブリーチ→200℃アイロンプレス→縮毛矯正ハードタイプ1剤自然放置2時間→過酸化水素で2剤処理。

…ダメージ作りの施術工程書いてたらなんか切なくなってきました;;

美容師さんなら分かると思いますが…こういう毛髪状態の新規のお客様が年間1~2人はいますよね?

アップにするとこんな感じ↓

分かりずらい?…じゃ、もっとアップ!!

これに“Libra Carl 5”(pH5.5の酸チオ4%)を二倍希釈して塗りやすいように増粘させたもの塗布して自然で15分放置。

自然放置15分後にお流しして、“Sleek Essence”(ポリクオタニウムー73)の20倍希釈をシャンプー台で塗布して1分放置後に流す。

セット面で、 “Trump”(アニオン性酸縮合型疎水性フェザーケラチン《分子量750~40000》)と“Mirror’s Alice”(アニオン性セルロース)2:1で混ぜたものを10倍希釈したものを毛髪に塗布。

その上から“Alice”(疎水性反応型フェザーケラチン《分子量1000~400000》)を直接噴霧してコーミングしたら1~2分自然放置。

洗い流さずそのままドライしてアイロン操作に入ります。

アイロンは160℃に設定して、プレスしすぎずにややゆっくりめにワンスルー。

で、過酸化水素で2剤処理で終了。

ハンドブローでドライするとこんな↓仕上がりです!!ちょっとツンツン補正し過ぎました^^;

アップすると…

施術前と比べると…

AWBで撮ったのでWBが違うので色が違いますが画像は加工してませんよ^^;

 

ビビリ補修はその後が大事です!!

本来、切るべき部分を“なんとか”して残すわけですから、それなりのアフターケアが大事です☆

 

WECO BASEでは基本フォレストシャンプーと100%完全ドライを推奨します。

 

コンディショナーやトリートメント無しで、フォレストシャンプーのみとドライを14日分繰り返しシャンプー・ドライした毛髪状態はこちら↓

さらに14日分して計28日後の状態↓

ここまでの施術と撮影で約8時間…続きに興味がある方はご自身で検証してみて下さい^^;

 

今日のポイント

・過膨潤ビビリ毛

・酸チオで二次膨潤を極力抑えた還元

・疎水性処理剤でのポリイオンコンプレックス

・疎水性トリートメント成分からなるコアセルベーションの強いフォレストシャンプーでのアフターケア

・100%完全ドライ

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Alice アルキルカチオン羊毛&羽毛ケラチン , Forest Shampoo ダメージケアシャンプー , Trump マルチヒートケラチン , ケミカル , 縮毛矯正 , Libra Carl 5&7&9 コスメ系パーマ液 , Mirror’s Alice NMF&コンプレックス用アニオンセルロース , Sleek Essence カチオン系処理剤

~Sleek Essence~ …って?

Sleek Essenceの中身は何ですか?…というお問い合わせが多かったので改めて紹介します。

 

成分名はポリクオタニウムー73で、メタクリル酸エチルトリモニウムクロリドとジメチルアクリルアミドからなるカチオン性の共重合体です。

 

前回のブログから引用…「性質はカチオン性高分子で、特徴としてはダメージ部分に優先的に吸着して健康毛への過剰な吸着を防ぐ。また、乾燥させた後の感触はカチセロやグアガムと違って硬くならず滑らかな仕上がりになります。」

 

で、ここからは少し別件になりますが、昨日は帰る前に一時間だけビビリ毛を作ってこのスリークエッセンスで遊んでみました。

縮毛矯正一剤をアルミホイルで包んで、アイロン180度で2~3秒プレス!!

あっという間にビビリ毛完成!!…やりすぎちゃったけど^^;

左側はスリークエッセンス20倍希釈→ミルスタ1%塗布

右側はスリークエッセンス20倍希釈→アニセロ1%塗布

どちらも自然放置で2分置いてお流し。

熱処理せずにただ乾かしただけだけど、なんか若干収まりよくなった?…くらいの差^^;

ただスリークエッセンスにミルスタとアニセロのポリイオンコンプレックスの違いなんですけどね…若干の差ですが、ポリイオンコンプレックスならミルスタのほうが良い結果に…でも熱処理もしてないし…シリコンも使ってもないからあまり意味のない検証だったかも^^;

次回はしっかり時間を作って検証の臨みます!!

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル , Sleek Essence カチオン系処理剤

新規化粧品原料 ~Sleek Essence~ 発売決定!!

去年の11月にブログ“C系なのかな?”で言っていた新規化粧品原料の新発売のお知らせです!!

 

商品名は“スリーク エッセンス”

 

…名前の通り、使い心地はサラサラしなやかな感触になります^^

 

 

スリークエッセンスは化粧品原料の生詰めの原液販売になりますので使用時には精製水などで20~40倍に希釈してご使用下さい。

 

性質はカチオン性高分子で、特徴としてはダメージ部分に優先的に吸着して健康毛への過剰な吸着を防ぐ。また、乾燥させた後の感触はカチセロやグアガムと違って硬くならず滑らかな仕上がりになります。

 

主に中間~後処理に適しています。またダメージレベルを考慮した上でコンプレックス処理が必要なとき…特にしっとりと重い質感の縮毛矯正にしたくないときなど、中間処理でポリアニオン物質とコンプレックスさせても比較的軽い質感に仕上がります。

 

…まぁ、僕自身まだ使いこなせていないというのと…原料メーカーにこの原料の詳細データを請求しているのにも関わらず未だ届かない…ので今回は現品先行のお試し販売という形です^^;

 

僕が今まで使ってみて気付いた点は…

 

・ウェット時に塗布して揉み込むと若干指通りが悪く軋む。感覚的にはミルスタのカチオンVer。的な?

・ダメージレベル差があっても根元から毛先まで均一な被膜感。

・乾かすと軽い仕上がりでサラサラとしなやか!またしても感覚的いうと…シルクとキトサンの良いとこどりした感じ^^;なので効能は別として、質感だけをシルクやキトサンの代用として使用するならかなりコスト削減になる♪

・40倍希釈したものをブローローションとして使いアイロンやコテなどの熱を与えると艶感UP!!

・40倍希釈したものをシステムトリートメントの前に処理して施術するとシステムトリートメント独特の重さが軽減され、やや軽めの質感になった…シリコンの過剰な吸着を防いだ為だと推測^^;

 

原料メーカーからまた詳細データが届いたら、公開できる範囲で随時ブログアップしていきますが、美容師さんがサロン現場で気付くことも多いと思いますので、使ってみた感想や気付いたことなどぜひお聞かせ下さい!!

 

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル , Sleek Essence カチオン系処理剤
WECO BASEのヘアカタログ
ネット予約ページへ
一般のお客様用オンラインショップ
業者用ショップログインお申し込みフォーム
トップに戻る