WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

ホーム > WECO BASE BLOG > チオグリセリン

TAG : チオグリセリン

中性チオグリセリン5.9% 本日発売!!

こちらリブラカール7プラスが本日から発売となります!!

DPP_3987

内容は…

・pH7  アルカリ度0.1

・チオグリセリン5.9%

サイズは1250mlのリフィルのみ

価格は¥3.024

用途はリブラカールシリーズやジェルシリーズと割って使用すると幅が広がると思います。もちろん単体使用でもOK!!

 

リブラカール5 ¥2.160

pH5.5   チオグリコール酸4%

リブラカール7 ¥2.160

pH7   システアミン5.6%

リブラカール7+ ¥3.024

pH7   チオグリセリン5.9%

リブラカール9 ¥2.376

pH8.8   システアミン2% チオグリコール酸2% チオグリセリン2%

リブラジェル5 ¥3.240

pH6.5   チオグリコール酸6%

リブラジェル7 ¥3.240

pH7 システアミン5.6%

リブラジェル9 ¥3.510

pH9   チオグリセリン4% チオグリコール酸2%

※リブラシリーズは全て5+1のお得なまとめ買い価格も用意しています。

※リブラシリーズの価格にバラつきがありますが、還元剤の種類と濃度の違いで若干変わっています。

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Libra Carl 5&7&9 コスメ系パーマ液

リブラカール9が新しくなりました!!

 こちら赤いシールのパーマ液…リブラカール9の内容成分を変更しました!!

IMG_1401

以前のスペックは…

・pH8.8  アルカリ度3.5

 ・システアミン3%

 ・チオグリコール酸3%

 ・システイン0.3%

でしたが、今回からこうなりました↓

・pH8.8  アルカリ度3.5

 ・システアミン2%

 ・チオグリコール酸2%

 ・チオグリセリン2%

そそ、システインはやめてチオグリセリンを2%入れました♪

これによってパサつきにくく、より柔らかい質感に仕上がります^^

…で、皆さんが気がかりなのはチオグリセリンの感作性…要はかぶれの問題ですよね?

このかぶれ問題でチオグリセリンは一発屋の様にポッとでてすぐ消えました…

だけどアルカリ度低めでもpHを上げやすい性質から、低アルカリ高還元の剤が作りやすいという特性の還元剤。

しかも還元部分はあ・そ・こ☆

なのでダメージ毛には理想的な還元剤の一つではあります。

地肌に付いたらかぶれる…つまり地肌に付かなきゃいいじゃん!!ってことで今は矯正剤のリブラジェル9に配合しているんですけどねぇ~…

このしっとり柔らかな仕上がり…パーマにも使いたい!!なんとか感作性の問題をクリアできないかなぁ~と、原料メーカーに問い合わせたところ…

「以前ほどかぶれませんよ!人によりますけど、かぶれる程度でいったらシスアミよりかぶれにくくなってます。」

だって…

こりゃ、使わない手は無いな…と、還元剤比率やアルカリ度等々いろいろ検証して出来たのが今回のリブラカール9です。

量は以前と同じ1250ml

値段は¥2160→¥2376と若干高くなりましたけど価値ある逸品に仕上がってますので、是非一度お試し下さい^^b

 

 

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Libra Carl 5&7&9 コスメ系パーマ液

チオグリセリン矯正剤 Libra Jell 9 発売開始!!

ジェルタイプの縮毛矯正剤…リブラジェルシリーズにナンバー9が遂に登場!!

DPP_3877

こちらリブラジェル9は柔らかな質感に仕上がりやすい矯正剤です♪

還元剤:チオグリセリン4%・チオグリコール酸2%

pH9

アルカリ度2ml

内容量:1250ml

価格:3510円

 

リブラジェル5(酸性チオグリコール酸6%)やリブラジェル7(中性システアミン5.6%)で用事調整すると施術の幅も広がります!!

また、ジェルシリーズは粘性をやや硬めに仕上げてますのでリブラカールシリーズと混ぜても使いやすい粘性で扱えます。

 

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

縮毛矯正 , Libra Jell 5&7&9 コスメ系矯正剤

還元剤はpH次第で…

Kazさん、こんにちは!!コスメ系でビビリ治しですか?もちろんコスメ系の薬剤も使いますよ^^

チオグリコール酸でさらにビビリが怖いという事でしたが、ビビリ補修の時に書いたチオグリコール酸はpHが酸性なのでチオ濃度さえコントロールできればさらにビビるということはありませんよ。

 

ダメージがまだ軽度~中度の場合、毛髪内部の“S-S”であるはずの“SH-”とか“ーHS”といったSH残基がバラバラになっていて、ここにケラチン処理剤をSH残基と結合させればいいんです。いわゆる“トリートメント”ですね。

なんだけれど、ビビリ毛っていうのは“S-S”が存在しない、もしくは少ないとなるとトリートメントの効かない状態です。

そんなときは…還元剤のSH基を利用しちゃえばいいんです^^

ビビリ毛になりそうな準ビビリ毛はアルカリに触れただけでもビビリます。還元剤は“S-S”を緩ませるのだけであってアルカリ剤がなければ膨潤はしませんのでさらなるビビリへの悪化の心配はありません。なので…必ず酸性還元剤を使います。

ちなみに前回書いたビビリ補修の時に酸性チオを使った理由は…酸性チオがオルトコルテックスを強化してくれるからです。チオってアルカリ領域においてウェーブ効率は優秀なんだけど、他の還元剤に比べて酸性領域だとウェーブ効率はガクンと低下してウェーブ形成には不向きなんですよね^^;だけどビビリ補修に使うと効果的☆

Kazさん、コスメ系って…たぶんシステアミンの事だと思いますけど、システアミンでもちゃんと酸性であればオルトコルテックスを強化できますよ^^だけど結果がいまいちということはアルカリ領域のシステアミン使ってません?

いくらダメージしにくいと言われた化粧品登録のシステアミンでも分かりやすく逆から書くと“H2N-CH2-CH2-SH”と、構造中にSH基があり、他の還元剤と同じように還元作用しますのでpH次第ではビビリますので注意が必要ですね^^;

また、ビビリ補修のポイントは還元剤のSH基を利用するということなのでサルファイトは構造中にSH基を持たないのでビビリ補修には不向きな還元剤です。※サルファイトは別の目的でビビリ補修に使うときもあるけど、それはまたいつか書きます。

まとめると…SH基を持った還元剤であれば酸性領域においてオルトコルテックスを強化し、毛髪内部の減少した“S-S”の代わりに還元剤のSH基を利用し、ケラチン処理剤を結合させて2剤で酸化処理によって“SH”の“S”を奪う事によって“S-S”を新しく構築・補修します。これが俗にいう“還元トリートメント”ですね♪

還元剤とpHの関係による特性を上手く利用すれば幅は広がりますよ★

一応ビビリ補修に向いている還元剤が↓です。

・チオグリコール酸

・チオグリセリン

・システアミン

・ラクトンチオール

の4つです。チオグリコール酸は安価で手に入りやすいからオススメです^^

また、チオグリセリンやシステアミン、ラクトンチオールは中性から酸性領域においてウェーブ効率が優秀なのでオススメです→理由は還元剤の特性ですね^^;

“S-S”って細かくいえばマトリックス…ミクロフィブリル…マクロフィブリル…ダイマー…テトラマー…中間フィラメントと各部位に“S1”“S2”と種類があり還元剤によって切断する部位が違うのでここを上手く酸性領域でW還元するとより綺麗にビビリ補修が出来ます♪

 

 

「もう1つ質問です。ブログに書いてあるトリートメント処理剤はどこのメーカーの物を使用されてますか?差し支えがなければ商品名など教えてください。」…Kazさんに限らずよく質問される事なんでここで書きますね。

WECO BASEでは通常のカラー剤やパーマ剤は通常サロンと同じディーラーさんから仕入れてます。トリートメント処理剤などは原料メーカーの代理店を通して仕入れをさせてもらってます。

トリートメント処理剤を原料から仕入れるメリットとしては原料そのものなので、高濃度のトリートメント処理剤を扱える事ですね!!大手美容メーカーもトリートメント処理剤は販売しているのですが…濃度が薄過ぎてダメージの状態によっては補修効果がでない^^;っていうか大手美容メーカーのトリートメントって質感面では最終的にシリコンコーティングで終わりでしょ?内部補修は?ってね。

でも高濃度の処理剤扱っている美容メーカーって少ないからそこから仕入れると価格が高い!!その分WECO BASEは販売を目的としてない…今のところね^^;あくまで技術者が使いやすい処理剤を自分で作ってるだけのお話なので総合的にはちょっと安い♪

でもデメリットもあります。仕入れの入り目がでかいってこと!!量もさることながら価格も…うちはスタイリスト3人のみの静岡県にある小さな小さな美容室なのにトリートメント処理剤の材料費だけで¥500.000-超えたりしちゃうときあるしね^^;普通材料なんて売上の10~20%程度でしょ?

それでも仕入れたいのであれば…化粧品原料を取り扱っている代理店さんを探すといいかも^^;

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル
WECO BASEのヘアカタログ
ネット予約ページへ
ショップリスト
一般のお客様用オンラインショップ
業者用ショップログインお申し込みフォーム
トップに戻る