WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

ホーム > WECO BASE BLOG > チオグリセリン

TAG : チオグリセリン

カール9入荷しました!!

お待たせしましたm(__)m

リブラカール9明日、入荷します。

薬剤スペック

 

・pH8.8  アルカリ度3.5

 

・システアミン2% 

 

・チオグリコール酸2% 

 

・チオグリセリン2% 

 

 

使用目安

 

ダメージ毛なら単品。

 

根元と毛先のダメージ差があるときはpH移行還元が負担が若干少なくすみオススメです。

リブラカール5付け巻きからのリブラカール9

 

※リブラカール5のスペック

・pH5.5

 

・チオグリコール酸4%

 

・ジチオジグリコール酸 1%

 

実感として健康部分とダメージ部分のかかりムラが少なくなりやすい。

また、ダメージ差がなくともpH移行還元によって再現性と持続性がよくなります。

 

ただ…

どんな薬剤も万能ではありません。

 

WECOは処理剤も多くありますが…基本の還元と酸化…と、その過程を手抜きしなければ処理剤は全く必要ありません。

 

確かに処理剤で幅は広がりますが…

処理剤ありきの施術ではちょっと…と、思うところがあります。

 

おっと…話が逸れました^^;

リブラカール9入荷です!!

あ~、こんな薬剤なんだぁ~と、引き出しの一つくらいに思って下さいm(__)m

 

では(´・ω・)ノ

 

 

 

 

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル , Libra Carl 5&7&9 コスメ系パーマ液

リブラシリーズ ~カール7+~ 中性チオグリセリン

リブラのなかでもややこしい7シリーズ^^;今回は中性チオグリセリン!!

DPP_4399

リブラ7+のスペックは…

・pH7  アルカリ度0.1(アルギニン)

・チオグリセリン5.9%

・pka 9.68

・-logPow 0.63

・1000ml/¥3.240-

還元剤の中で疎水性度の値が一番小さく疎水性の強い還元剤の一つです。一般的に疎水性の強い還元剤は皮膚の感作性(かぶれ)が起きやすいので取り扱いには注意です。

健康毛に対してはしっとりとした質感に仕上がりやすいですが、中性のままだと還元力が弱く、多少のアルカリが必要なので、用事調整するか、ホットパーマの様に付け巻き加温でW効率をあげるなり工夫が必要です。

いっけん親水化したダメージ毛に向いているように思えますが、ある程度、脂質が抜けた毛髪だと余計にパサつきが出やすくなるので、CMC類似脂質で処理しながらの施術をオススメします。

では(´・ω・)ノ

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル , Libra Carl 5&7&9 コスメ系パーマ液

静岡 縮毛矯正シーズン1

縮毛矯正の来店サイクルで3か月と6か月の方が多いのですが…

ちょうど12月に施術されたお客様が多くいらっしゃる3月が目前です!!

静岡は地域柄?都内と違って割と正確なサイクルで来店されますので3月は非常に縮毛矯正の予約が取りづらくなりますのでお早目にご予約をお願いしますm(__)m

今日は約10ケ月ぶりの縮毛矯正のお客様…

見た目では伝わりませんが、かなり乾燥しゴワゴワと硬く濡らすとキシキシとしたコンディションです。

毎月白髪染めで髪を触らせて頂いているのでちょっとした変化はすぐに気づきます。

感触からいって普段使うシャワーの温度が原因だと感じたので確認したところ42℃前後だそうで…

冬の時期はお客様全員に普段使うお湯の温度を確認していますが、40度以上の方は乾燥によるダメージ進行が顕著に表れ、39度以下のお客様は比較的ダメージの進行が軽度で済む傾向にあります。

お湯の温度が高いとトリートメントや流さないオイルでCMCを補給していても、割合からいって流出量のほうが多くなり硬くゴワゴワした質感になります。

ということで、CMCを補給しながらの施術です。

DPP_4747

それと…今回はそこそこ親水化が進んでいたので、一剤にはリブラジェル7+(中性チオグリセリン)にCMCとグリコを調整したもので還元します。

中間処理ではミラーズアリス→CMC→アリス→ドライ→お流し

六花オイルを塗布→ブロー→アイロン180℃→二剤

で、仕上がりはこちら↓

DPP_4748

今回も動画撮ってみました…あとから動画を確認したら少し露出が合ってませんでした^^;

少し見えづらいですが…どんな質感なのかは伝わると思います。

 

では(´・ω・)ノ

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Alice アルキルカチオン羊毛&羽毛ケラチン , 研究用CMC類似脂質処理剤 , 縮毛矯正 , Libra Jell 5&7&9 コスメ系矯正剤 , Mirror’s Alice NMF&コンプレックス用アニオンセルロース
WECO BASEのヘアカタログ
ネット予約ページへ
一般のお客様用オンラインショップ
業者用ショップログインお申し込みフォーム
トップに戻る