WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

ホーム > WECO BASE BLOG > シャンプー

TAG : シャンプー

カラー剤をキッチリと完全酸化発色させる方法。

前回→カラー直後にオススメなシャンプー

で、過酸化水素除去できるシャンプーとして紹介しました♪

今回は未酸化のカラー剤を完全酸化発色させるシャンプーとしての小技を紹介^^

3年前くらいの記事になりますが、まずはこちら→Forest Shampooで酸化重合促進

このときはフォレストシャンプーを10倍希釈で検証したんですね、それじゃ濃いと思うので今回は乳化時を想定した40倍希釈での検証です。

前はグレイカラー剤でしたが、今回はファッションカラー剤で!!特に意味はありません^^;

8レベルのピンクにOXY6%で混ぜ混ぜ…

DPP_4619

そこに40倍希釈したフォレストシャンプーを加えて混ぜ混ぜ…

DPP_4620

フォレストシャンプーに配合してあるへマチン(グロスフィリン)が瞬時に酸化促進し、酸化発色しきれていない未酸化の染料を酸化発色させます。

DPP_4621

ちなみフォレストシャンプーのこの黒い色は処理剤レベルのへマチン(グロスフィリン)濃度によるものです。

着色してるわけじゃないので悪しからず…。

DPP_4518

使い方はカラーの乳化時にフォレストシャンプーを1~2プッシュ手に取り1分ほど揉みこむだけでOKです。

いつもより深みのあるカラーに仕上がり、また退色が緩やかになります。

※フォレストシャンプーの原液ではへマチンの反応性が鈍くなっています、活性剤が薄まることでへマチンの反応性が上がりますので、安心してお使い下さい。

では(´・ω・)ノ

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Forest Shampoo ダメージケアシャンプー , カラー , ケミカル

カラーリング…超~色長持ちシャンプー♪♪

どうしてもカラーの退色は避けられない…

ならば綺麗に退色するように色を計算するのも美容師の腕の見せ所…

それでもハイトーンカラーの場合限界があるわけで…

 

でね…今、色持ちを良くするシャンプーを試作中なの♪

こちら真っ黒いシャンプー…

DPP_2872

このフォレストシャンプーがヘマチンやリピジュアe.t.c…で退色を抑えながらカラーの色持ちを長持ちさせるシャンプーという位置づけなら…

試作中のシャンプーはアクティブに…そう退色に対して攻めるシャンプー☆

今日はここまで!!また報告します^^ノシ

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

カラー , ケミカル

フォレストシャンプーNEWボトル!!

こちらのブログは久しぶりの更新になります^^;

今回はフォレストシャンプーのボトル変更のお知らせです。

400mlの黒い筒のボトルタイプこちら↓

DPP_0025

が、300mlの透明四角ボトルへ変更です↓

一般価格は3150円です。

一般のお客様用オンラインショップ

DPP_2676

業務価格はこちら業務用ページから確認して下さい↓

業者用ショップログインお申し込みフォーム

 

400mlボトルタイプは現在の在庫が無くなり次第終了とさせていただきますのでご了承下さい。

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Forest Shampoo ダメージケアシャンプー

人シャンと犬シャン…

最近書いているプライベートブログのほうで書きましたが→犬用シャンプーの開発!?

ふふふ…現在犬用シャンプーの開発をしています!!

あれ?どうしちゃったの?って聞こえてきそうですが^^;

まぁ、僕個人の趣味です(笑)

っていっても本気で取り組んでますよ!!人と犬の肌のpHからして違いますからね。活性剤選びも一苦労です…さらに犬や動物に関するエビデンスも少ないから^^;

 

それにしても美容師が犬用シャンプーを作るって初めてじゃないかな??とりあえず僕の知る限りはいない!!

…って、普通は作らないよね^^親バカ・犬バカですみません。

コンセプトはね、犬にも使える人用シャンプーじゃなくて、人間も使える犬用シャンプー(笑)

詳しくはこちらに詳しく書きましたので興味のある方はどうぞ→犬用シャンプーの開発!?

 

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル

動物実験!?

WECO BASEの看板犬 ボルゾイのベル♂

先日ベル専用シャンプーが切れたので急遽ペットショップへ…

 

で、シャンプーが何十種類と並んでいてどれが良いのか分からなくて困っちゃったんだけどね^^;

 

とりあえず手に取ったものすべて成分表チェック!!

 

このブログをみているマニアックな理・美容師さん達もきっとそうすると思う…っていうか、いつも食品でも化粧品でも成分チェックしちゃうでしょ^^?

 

そしたらある共通点発見!!ほとんどの犬用シャンプーでコカミドプロピルベタインなの!!

一般的には皮膚や目に対して刺激が少ない洗浄成分として赤ちゃんシャンプーの主剤に使われたり、洗いあがりのコンディショニング効果が高いからカチオン性高分子との組み合わせでリンスインシャンプーとしても…

で、コカミドプロピルベタインみたいに両性だけだと泡立ちが弱いから助剤にはココイルグルタミン酸TEAやココイルメチルタウリンNaなどのアニオン性アミノ酸系活性剤とか処方されてたり…

以外にも硫酸系活性剤は入ってなかったし…活性剤だけみたらサロン専売シャンプーと変わらない^^;なのに価格は100ml/70~100円くらいが平均だからもうビックリ!!

 

…使い心地?…自分の頭で試しましたけど良かったですよ♪動物実験人間実験^^;

パッケージ変えたらね、さっぱり仕上がるサロン専売シャンプーとは気付かない人多いんじゃないかな?

まぁ、あくまで犬用シャンプーだけどね…

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル

過膨潤ビビリ毛を“なんとか”した後が大事!!

無茶なカラーの繰り返しと日々の高温によるコテでのスタイリングしたお客様が縮毛矯正して失敗した時を想定した毛髪作りから始めます。

施術工程はこんな感じ…

ブリーチ→200℃アイロンプレス→縮毛矯正ハードタイプ1剤自然放置2時間→過酸化水素で2剤処理。

…ダメージ作りの施術工程書いてたらなんか切なくなってきました;;

美容師さんなら分かると思いますが…こういう毛髪状態の新規のお客様が年間1~2人はいますよね?

アップにするとこんな感じ↓

分かりずらい?…じゃ、もっとアップ!!

これに“Libra Carl 5”(pH5.5の酸チオ4%)を二倍希釈して塗りやすいように増粘させたもの塗布して自然で15分放置。

自然放置15分後にお流しして、“Sleek Essence”(ポリクオタニウムー73)の20倍希釈をシャンプー台で塗布して1分放置後に流す。

セット面で、 “Trump”(アニオン性酸縮合型疎水性フェザーケラチン《分子量750~40000》)と“Mirror’s Alice”(アニオン性セルロース)2:1で混ぜたものを10倍希釈したものを毛髪に塗布。

その上から“Alice”(疎水性反応型フェザーケラチン《分子量1000~400000》)を直接噴霧してコーミングしたら1~2分自然放置。

洗い流さずそのままドライしてアイロン操作に入ります。

アイロンは160℃に設定して、プレスしすぎずにややゆっくりめにワンスルー。

で、過酸化水素で2剤処理で終了。

ハンドブローでドライするとこんな↓仕上がりです!!ちょっとツンツン補正し過ぎました^^;

アップすると…

施術前と比べると…

AWBで撮ったのでWBが違うので色が違いますが画像は加工してませんよ^^;

 

ビビリ補修はその後が大事です!!

本来、切るべき部分を“なんとか”して残すわけですから、それなりのアフターケアが大事です☆

 

WECO BASEでは基本フォレストシャンプーと100%完全ドライを推奨します。

 

コンディショナーやトリートメント無しで、フォレストシャンプーのみとドライを14日分繰り返しシャンプー・ドライした毛髪状態はこちら↓

さらに14日分して計28日後の状態↓

ここまでの施術と撮影で約8時間…続きに興味がある方はご自身で検証してみて下さい^^;

 

今日のポイント

・過膨潤ビビリ毛

・酸チオで二次膨潤を極力抑えた還元

・疎水性処理剤でのポリイオンコンプレックス

・疎水性トリートメント成分からなるコアセルベーションの強いフォレストシャンプーでのアフターケア

・100%完全ドライ

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Alice アルキルカチオン羊毛&羽毛ケラチン , Forest Shampoo ダメージケアシャンプー , Trump マルチヒートケラチン , ケミカル , 縮毛矯正 , Libra Carl 5&7&9 コスメ系パーマ液 , Mirror’s Alice NMF&コンプレックス用アニオンセルロース , Sleek Essence カチオン系処理剤

Forest Shampooをリニューアルしました!!

より良い商品に改善する為、またまた“Forest Shampoo”のリニューアルです。

改善点はこちら…

・泡立ちの改善

・濯ぎ易さの改善

・コアセルベートの生成量の改善

内容成分の変更点は界面活性剤の比率変更です。

 

で、どうなったかというと…泡立ちが良くなり、泡がクリーミーになりました。また、簡単にすすぎやすくなりました♪

ただ、“Forest Shampoo”の一番のポイントは高濃度の疎水性トリートメント成分からなるコアセルベートですので、その辺りの効果の変化を気になさる方もいらっしゃると思いますので参考程度にアップしておきます。

 

こちら1枚目の画像は“Forest Shampoo”を20倍程度に希釈したもの。

こちら2枚目の画像は“Forest Shampoo”を20程度に希釈したもの。

活性剤比率の変更で若干ですが旧より新のほうが赤味を帯びてますが^^;

白い泡付近にあるコアセルベート量が増えたのが確認できるでしょうか?

2分程時間置いた状態がこちら↓左が旧で右が新“Forest Shampoo”です。

具体的な活性剤比率は公表できませんが^^;仕上がり的には以前よりさっぱりした洗い心地になりました!!

※旧“Forest Shampoo”と新“Forest Shampoo”は順番に出荷していきますので選んで購入することができませんのでご了承下さい。

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Forest Shampoo ダメージケアシャンプー , ケミカル

Forest Shampooのポジション?

~お知らせ~

・1250mlと2500mlの詰め替えが欠品中です。7/9までには入荷できる予定です。

 

~特徴~

“Forest Shampoo”は通常のシャンプーに比べて高濃度の疎水性トリートメントを多く含んだシャンプーとなっています。

・機能的には従来からあるコアセルベート法をより強く作用する仕様となっていて、ノンシリコンシャンプーでありながら、洗い上がりはトリートメントやコンディショナーなど必要としないくらいのコンディションに仕上げてくれます。

 

 

と、まぁこんな感じなわけだけれど…

・コアセルベートが強力ゆえに縮毛矯正の中間処理剤の代わりに最高。

・今までの大手サロンメーカーのシャンプーよりリピート率が高い。

・カラーの発色が綺麗に出やすい。

・パーマが均一にかかる気がする。

・ダメージレベルの高い毛髪ほど効果が分かりやすい。

・トリートメントが要らない。

と、“Forest Shampoo”をお使いのお客様や、お取り扱いサロン様からこんな感想を頂きました。

 

でも、物事には良いことばかりでは無いのです^^;

・使い続けると仕上がりが重くなる。

・香料が強い。

・泡立ちが弱い。

・値段が高い。

 

言い分けさせてもらうとですね…

 

・使い続けると仕上がりが重くなる→毛髪の状態が改善されると重い仕上がりに変化していきます。また、フォレストシャンプー後はトリートメントやコンディショナーが非常に吸着しやすいのでしっとり系のものを付けると余計重い質感なります。

・香料が強い→トリートメント原料が高濃度のため原料臭(臭い^^;)が強いので誤魔化す為です。

・泡立ちが弱い→脱脂力と気泡力の強い活性剤だと色落ちが激しくなるので2回洗って下さい。

・値段が高い→高価なトリートメント原料を高濃度使用のため避けられません。

 

と、言うことで現在“Forest Shampoo”のライトタイプを試作中です…内容的にトリートメント成分の比率を下げるので、質感の軽量化・香料の賦香率を抑制・泡立ち改善・低価格化…全て叶えることが可能になると思います。

 

で、タイトルの“Forest Shampoo”のポジションなんですが…カラー・パーマ前後のシャンプーや縮毛矯正の中間などダメージ直後のナイーブな毛髪や、ダメージレベルの高い毛髪に適しているので、“Forest Shampoo”のポジションはハイダメージ毛用シャンプーです!!

 

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Forest Shampoo ダメージケアシャンプー , ケミカル

コアセルベートシャンプー

日課で毎朝アクセス解析するんですが、今月に入ってから…

“コアセルベート”

“ポリイオンコンプレックス”

という検索キーワードで異常な数値が出てきた…バグ^^;?

と思っていたらフェイスブックで友達が今月の6月号マルセルでイオンコンプレックスの特集をやっている…って知った。

 

…なるほど!!

 

何だかWEBとか雑誌媒体の“影響”ってすごいなぁって思う、今日この頃でした^^

 

 で、“コアセルベート”といえばこの↓“Forest Shampoo”です^^

と、その前に…徐々にですが“Forest Shampoo”お取り扱いサロン様が増えてきまして、現在“Forest Shampoo”400mlサイズの生産が追いつかない状況で欠品中です。

現在工場でフル稼働で生産中ですのでもう少しお待ち下さい。

予定では5/18~5/21に入荷予定でございます。

 

 業者用ショップログインお申し込みフォーム

一般のお客様用オンラインショップ

 

コアセルベートとポリイオンコンプレックスの違い

Forest Shampooの特徴

まずこちら↑過去のブログを参照してから↓を読んでください♪

 

最近お取引サロン様からもコアセルベートって?ポリイオンコンプレックスって?的な内容を頂いたので一つ実験してみたのがコレ↓

まず “Forest Shampoo”を20~30倍に希釈してグルグル~っと攪拌します。

 

で、2~3分放置するとこんな感じ↓に分離してきます。

この分離して見えるのが“Forest Shampoo”に配合されている有効成分がコアセルベートによって析出した水難溶性のトリートメント成分の固まり…

ヘマチン配合しているからこんな色になってしまうんだけれど…“藻”じゃないよ^^;

実際に毛髪に使用するとこんな感じになります→疎水化するっぽい???

ちなみにサロンワークでは“Forest Shampoo”に高分子処理剤を加えることで、コアセルベートの強さをお好みでカスタムできます→Forest Shampooで前処理※中間処理・後処理でもOK!!

 

 

※“Forest Shampoo”に配合してある有効成分一覧

・疎水性低分子φ型ケラチン…毛髪内部を主に疎水結合を促進し疎水化へ導きます。

・疎水性高分子α型ケラチン…γ型と併用することで毛髪を面で包み込み疎水化へ導きます。

・疎水性高分子γ型ケラチン…α型と併用することで毛髪を面で包み込み疎水化へ導きます。

・ヘマチン…過酸化水素除去、ケラチンPPTを毛髪内部・外部に架橋します。

・18MEA…キューティクルを守る脂質成分で疎水性へ導きます。

・メドウフォームーδーラクトン…ケラチンPPTを吸着。疎水性質への強化作用。

・ペリセア…PPTの浸透促進、またケラチンPPTとのイオン結合。

・キトサン…擬似キューティクルを生成、またケラチンPPTとのイオン結合。

・疎水性アミノ酸…アラニン、バリン、イソロイシン、フェニルアラニン、プロリン

これら補修成分は相互作用によってコアセルベート以外の効果も期待できます☆

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Forest Shampoo ダメージケアシャンプー , ケミカル
WECO BASEのヘアカタログ
ネット予約ページへ
一般のお客様用オンラインショップ
業者用ショップログインお申し込みフォーム
トップに戻る