WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

ホーム > WECO BASE BLOG > タンニンパーマとは?

タンニンパーマとは?

そうそう…「Devil Black (仮)」の記事を書き始めてから、そういえばタンニンパーマについてブログで使い方書いてなかったなぁ~なんてね…気付くの遅い?

今回の記事はお取引サロン様以外はスルーして下さい^^;

今日のランキングは何位かな?→美容室・サロンブログランキング

タンニンパーマを分かりやすくいうと…タンニン架橋効果によって毛髪内部を強化しつつ、ハリコシのあるウェーブ形成ができ、軟毛やダメージ毛には分かりやすい効果を発揮します♪

手順ですが…あくまで僕個人の施術方法なので目安程度にして下さい。

①ロッドを巻き巻きワインディングします。

②「Devil Black (仮)」を一剤に5%添加したものを塗布。

③テストカールがOKであれば中間水洗します。

④アニオン性φ型ケラチン処理剤“Trump”を10倍希釈したもの塗布してクリープタイム5~10分ほど置きます。

⑤「Devil Black (仮)」を2倍希釈したものを塗布して3分ほど置きます。

⑥クエン酸1%濃度の酸リンスを塗布。

⑦2剤塗布。

②で、アルカリの一剤に添加することで「Devil Black (仮)」がアルカリ活性します。

④“Trump”に配合してあるジラウロイルグルタミン酸リシンNaがクリープを促進します。また、ジラウロイルグルタミン酸リシンNaが⑤で「Devil Black (仮)」を塗布した時に起こる過収斂を抑制します。

⑤「Devil Black (仮)」の収斂作用で膨潤した余分な水分を出して、SH-HSの距離を縮めて酸化効率を上げる土台作りをします。また、ダメージホールに入り込んだ疎水性のφ型ケラチンと結合して髪密度を上げながらウェーブ効率を上げます。

⑦「Devil Black (仮)」のイオン性はアニオンの為、2剤にはカチオン性φ型ケラチン“Alice”を1%程度添加することをオススメします。

あ くまで僕個人の考えですが…タンニンの処理剤は中性タイプのみでも良いと考えています…現時点では!!施術の都度アルカリ領域で活性させ、酸性領域で安定さ せるよう用事調整すればいいんじゃ…結局のところ添加して使い切ることになるのだから…もちろんタンニンにはピロガロールやカテコールといった特性が違う ものもあるのだから、それぞれ剤に適した種類や比率・濃度を商材別に分けることはとても使いやすく良いことだとは思いますが…

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Trump マルチヒートケラチン , ケミカル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WECO BASEのヘアカタログ
ネット予約ページへ
ショップリスト
一般のお客様用オンラインショップ
業者用ショップログインお申し込みフォーム
トップに戻る