WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

ホーム > WECO BASE BLOG > 簡単クリープパーマ♪

簡単クリープパーマ♪

クリープパーマが話題になったあとこちら→美容ブログ 美容室・サロンでは、縮毛矯正やビビリ補修が話題となっています。

で、なぜいまさらクリープパーマの記事を書くかというと…

まさに…今更聞けない!!って方も中にはいるじゃないですか?

またね、クリープパーマは特別なパーマ技法ではなくベーシックなパーマ技法として定着してるってことでね、改めてここに書きます。

昔ぼくが書いた記事がこちら

クリープパーマ

もうね…当時とは考え方(無駄が多い)が違うからお恥ずかしい限りで^^;

難しい理論は抜きで簡単に手順を書きますね…

①アルカリのシステアミンで10分還元します。

②中間水洗で還元剤をよく流します。

③湿熱で10分(クリープタイム)

④2剤で酸化

以上です。クリープパーマのポイントは中間水洗と湿熱による放置タイムになります。

より失敗を防ぎ、ウェーブ効率を上げる方法としてW還元をオススメします。

①酸性チオグリコール酸で付け巻きでワインドします。

②アルカリのシステアミンで10分還元します。

③中間水洗で還元剤をよく流します。

④湿熱で10分(クリープタイム)

⑤2剤で酸化

※これはあくまで僕個人が最善だと考えているW還元クリープパーマです…詳しくはこちら

マルチ還元

ここからはよりクリープパーマを成功させるお話しです…以前こんな記事を書きました

クリープパーマとアルカリ

中間水洗後に毛髪のpHは中性になりますが…クリープタイム中に毛髪内部に残留したアルカリ剤によってpHがドンドンアルカリ領域に引っ張られます。

このアルカリ側に傾くことで効率よくクリープすると考えられますが…

ここでよくお考え下さい!!

お客様の髪質はひとりひとり違いますよね?

ダメージの種類だって違います。

ここで重要なのはこういった施術方法では無く、目の前の毛髪に合わせるということです!!

つまり、クリープタイムは全員が10分では無いということですね^^

僕が実験したデータ上では、10分の時点では約pH8まで上がりましたが…

バージン毛ではまだクリープタイムを置いた方が良いかもしれませんし…

ブリーチ毛では5分で充分かもしれません…

下記URLは以前MAGOさんが僕の実験データをエクセルで見やすくまとめてくれたので参考にしてみて下さい。

https://www.facebook.com/ajax/messaging/attachment.php?attach_id=dc820a61e231efaa686c39af0fb9de9f&mid=mid.1398833596692%3Ae9e3ea1d0dc9b48b17&hash=AQDkyqBmtt7-411m

あと…拡散のイメージと…クリープパーマの施術工程でのアルカリ溶出の概念がものすご~~~く分かりやすい図があったんですけど…許可を頂くの忘れちゃいました…残念^^;

クリープパーマをもっと詳しく知りたい方は僕も参照させてもらったMAGOさんのページをご覧になってください

MAGO流クリープパーマ

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル , Libra Carl 5&7&9 コスメ系パーマ液

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WECO BASEのヘアカタログ
ネット予約ページへ
一般のお客様用オンラインショップ
業者用ショップログインお申し込みフォーム
トップに戻る