WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

ホーム > WECO BASE BLOG > カチオン化φ型ケラチン“Alice”

カチオン化φ型ケラチン“Alice”

昨年から試行錯誤しながら考えていた“Alice”の試作品で検証…ってもほぼ完成のものですが^^;発売前にどんなものかを紹介します♪

 

去年のブログの“お取引サロン様へ”“疎水性反応型Alice”で少し触れましたが内容成分は“ファイマックスー750”の主成分φ型ケラチンをカチオン化したもの^^

 

カチオン化φ型ケラチンは特別な施術操作…例えば未修飾のφ型ケラチンを酸縮合による高分子化などしなくても、塗布してから少し時間を置くだけで同等の毛髪破断強度があります。

つまり、未修飾のφ型ケラチンと同等の補修能力があります!!

また、カチオン化されているため毛髪表面に多く吸着しますので皮膜系処理剤だと思われますが、未修飾のφ型ケラチンほどではありませんが、毛髪内部にもちゃ~んと浸透します♪

 

それから、カチオン化φ型ケラチンのみだと分子量1000と低分子のため、カチオン化高分子ケラチン系処理剤に比べ持続性の問題が…

ということで、“Alice”には疎水性高分子ケラチン処理剤の中でも最も補修能力の高い“プロティキュートCガンマ12”を配合し、また混合処理剤として作ることで同じ疎水性ケラチンでも低分子と高分子のお互いの欠点を補いました^^

 

使用方法として今回もファイマックスー750同様にできるだけ高濃度で提供し、技術者のお好みの濃度に希釈できる様にしたかったのですが、“Alice”に配合しているプロティキュートCガンマ12の希釈方法にクセがあるので希釈せずにストレートで使用して頂きます。

 

使い方は簡単♪

気になるダメージ部分に塗布してハーフドライするだけ!!

 

効果としては…

・カラーの後処理で退色を防ぎます。

・マニキュアの前処理でマニキュアの染まりを良くします。

・パーマの前処理で毛先のかかりすぎを防ぎ均一なウェーブ形成。

・パーマや縮毛矯正の中間処理でキューティクルの剥離を防ぎ、毛髪強度の低下を防ぎます。

・トリートメントの処理剤で毛髪内部のダメージホールを補修し、毛髪表面のキューティクルを保護して毛髪内部のCMCの流出を防ぎます。

・アニオンでコンプレックスさせてさらに効果アップ!?

 

やってみるとこんな感じになります↓

 

施術履歴…

・2011年11月はじめに縮毛矯正?

・2011年11月末に毛先だけコールドパーマ?

という履歴の髪質は現在こんな感じ↓

 

 

施術方法は…

①“Forest Shampoo”でシャンプーで下地作り

②インナーCMC

③“Alice”塗布

④ハーフドライ

⑤ヘマチン

⑥キトサン

⑦“Forest Shampoo”でシャンプー仕上げ!!

 

写真から手触りなんか伝わらないので見た目だけですがこんな感じです^^;

 

 

 

 

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Alice アルキルカチオン羊毛&羽毛ケラチン , ケミカル

5 Responses to カチオン化φ型ケラチン“Alice”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WECO BASEのヘアカタログ
ネット予約ページへ
一般のお客様用オンラインショップ
業者用ショップログインお申し込みフォーム
トップに戻る