WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

ホーム > WECO BASE BLOG > CMC類似脂質と縮毛矯正の相性が良い理由。

CMC類似脂質と縮毛矯正の相性が良い理由。

前回→CMC類似脂質

…の記事の反応が良かったのと、いくつかお問い合わせがあったのでまとめて書いてみま。

その前に前回…CMCとは細胞膜複合体(cell menbrane complex)のことで、毛髪中のCMCはセラミド・18-メチルエイコサン酸(18-MEA)・パルミトレイン酸・オレイン酸・パルミチン酸といった脂質成分で構成されています。

と、書きましたが…WECO BASEの研究用CMC類似脂質には他にもステアリン酸やアラキジン酸など複数の脂肪酸を含みます。

それではタイトルのCMC類似脂質と縮毛矯正の相性が良いワケ…

研究用CMC類似脂質じたい揉みこめば1分程で浸透するほど浸透性が高いCMCとなっていますが、もともと多く存在した脂質部分に素早く浸透するだけの話しで…

カラーやパーマで流出した欠損個所に素早く浸透するという…ただそれだけ。

でも、これだけだと何かしらの外因ですぐに流出するんです

普段使うお湯の温度が高いとか、必要以上に高温のコテで巻くとか…

矯正施術にはアルカリ剤と還元剤を用いるので、カラー施術の一次膨潤と違い、SSを切断し二次膨潤を起こします。コルテックスがゆるゆるに緩んでいるので研究用CMC類似脂質が毛髪の内部へ深く浸透します…

さらにアイロン熱によって融点に達した脂質が効率良くより深部へ浸透します。

で、酸化させてSH-HSを元のSSにしてpHも元の等電点に戻してコルテックス引き締めて研究用CMC類似脂質を毛髪深部に閉じ込めます。

これがCMC類似脂質と縮毛矯正の相性が良い理由です。

ついでにいうとトランプやアリスといったケラチンPPTも同じ理屈(二次膨潤)でカラー施術と比べると毛髪内部へ深く浸透するので持続性が良いのです。

という僕の妄想理論どうでしたか(笑)

原料メーカーの検証で蛍光顕微鏡で実証されていることなのですが、なにぶん自分で検証したわけでは無いので、実際どこまで浸透してるのかは髪のみぞ知る^^;

アルカリと還元剤と熱を利用して脂質を毛髪深部へ浸透させることでシャンプー程度では簡単に落ちないっていう…なので長期に渡り良好な質感が持続するのは事実です。

※最近はエステル還元剤の登場でアルカリに頼らなくても…これはまた別の記事で。

では(´・ω・)ノ

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

ケミカル , 研究用CMC類似脂質処理剤 , 縮毛矯正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WECO BASEのヘアカタログ
ネット予約ページへ
一般のお客様用オンラインショップ
業者用ショップログインお申し込みフォーム
トップに戻る