WECO BASE BLOG(ウェコベース ブログ)

ホーム > WECO BASE BLOG > カラー剤をキッチリと完全酸化発色させる方法。

カラー剤をキッチリと完全酸化発色させる方法。

前回→カラー直後にオススメなシャンプー

で、過酸化水素除去できるシャンプーとして紹介しました♪

今回は未酸化のカラー剤を完全酸化発色させるシャンプーとしての小技を紹介^^

3年前くらいの記事になりますが、まずはこちら→Forest Shampooで酸化重合促進

このときはフォレストシャンプーを10倍希釈で検証したんですね、それじゃ濃いと思うので今回は乳化時を想定した40倍希釈での検証です。

前はグレイカラー剤でしたが、今回はファッションカラー剤で!!特に意味はありません^^;

8レベルのピンクにOXY6%で混ぜ混ぜ…

DPP_4619

そこに40倍希釈したフォレストシャンプーを加えて混ぜ混ぜ…

DPP_4620

フォレストシャンプーに配合してあるへマチン(グロスフィリン)が瞬時に酸化促進し、酸化発色しきれていない未酸化の染料を酸化発色させます。

DPP_4621

ちなみフォレストシャンプーのこの黒い色は処理剤レベルのへマチン(グロスフィリン)濃度によるものです。

着色してるわけじゃないので悪しからず…。

DPP_4518

使い方はカラーの乳化時にフォレストシャンプーを1~2プッシュ手に取り1分ほど揉みこむだけでOKです。

いつもより深みのあるカラーに仕上がり、また退色が緩やかになります。

※フォレストシャンプーの原液ではへマチンの反応性が鈍くなっています、活性剤が薄まることでへマチンの反応性が上がりますので、安心してお使い下さい。

では(´・ω・)ノ

Instagram始めました~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチっと応援クリックお願いします♪



こちらから24時間何時でも簡単に予約できます→ネット予約

ヘアケアの基本

美容師友達募集中→Facebook

WECO BASE看板犬Borzoi bell’s life

WECO BASE SHOP 業者様用サイト

WECO BASE STORE 一般のお客様用サイト

WECO BASEへの予約

Forest Shampoo ダメージケアシャンプー , カラー , ケミカル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WECO BASEのヘアカタログ
ネット予約ページへ
一般のお客様用オンラインショップ
業者用ショップログインお申し込みフォーム
トップに戻る